マイベストプロ茨城
横山修一

不動産売買に関わるコンサルタント業務の専門家

横山修一(よこやましゅういち) / 宅地建物取引士

ニッチ・コンサルタント

コラム

建築基準法違反で、前科者になるかもしれません。

2022年11月20日

テーマ:法令

コラムカテゴリ:くらし

 皆様は、建築基準法をご存じと思いますが、この法令の一部を違反すると「前科者」になる可能性が
あります。
 建築基準法第42条第2項違反です。具体的には、建築基準法第42条第2項とは、道路幅員が4m未満で
建築基準法における道路の場合です。建築基準法第42条第2項の場合は、道路中心線から2m離れる必要があり、道路中心線から2m以内には建築物等を作ることができません。もし、作ってしまうと建築基準法第44条違反となり、刑事罰で罰金100万円以内とあります。
 この罰金刑が確定すると、前科者となってしまうのです。ご注意ください。
 では、この建築基準法第44条違反となり罰金が確定すると、誰が支払うこととなるのでしょうか?
基本は、建築主です。建築士の責任はどのようになるのでしょうか?
 私は、現在確認中です。わかりましたらご報告させていただきます。
 ご注意下さい。
 ご参考までに。

不動産売買のオンライン無料相談

茨城県と近隣エリアを中心に、不動産売買に関するオンライン無料相談を承ります。
また、相続や任意売却の相談についても対応しております。

下の【料金プランを見る】ボタンのリンク先から、お気軽にお申込みください。

この記事を書いたプロ

横山修一

不動産売買に関わるコンサルタント業務の専門家

横山修一(ニッチ・コンサルタント)

Share

関連するコラム

横山修一プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
029-285-3731

 

携帯 070-6516-4801

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

横山修一

ニッチ・コンサルタント

担当横山修一(よこやましゅういち)

地図・アクセス