まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ茨城
宮口督史

住宅ローンに悩む人々を救う任意売却専門の不動産コンサルタント

宮口督史(みやぐちとくし)

株式会社エムズコンサルタンツ

コラム

外国人の任意売却物件購入頻度が増えた

ビジネス・経済

2013年12月17日 / 2014年1月4日更新

ミャンマー・マレーシア・シンガポールと東南アジアから一転。秋をすっ飛ばした寒い日本に帰ってきて2週間。 バッチリ風邪気味です。 なんというか、ずっと70%ぐらいの調子の悪さ。 歳をとったのか治りが遅い・・・

気がついたら年末。 ニッポンの道路はあちらこちらで工事の真っ最中。 そこで気がついたことが。 東南アジアも今、建設ラッシュでビルや道路をガンガン建設中。
どちらも工事なのだが、決定的な違いがある。それは作業員の年齢。
東南アジアでは、まだ若い労働者がその有り余るパワーで作業している。それに比べてニッポンは、くわえタバコのおじさんが多い。 うーん。人口動態的に、東南アジアに若い人が多いって事だけで割り切れなそうなくらい、もう60代、70代の定年を過ぎた年齢にみえる作業員がいたりする。

消費税増税前の駆け込み需要なのか?当社にて任意売却をご依頼いただいている中古住宅にも、外国のお客様からのお問い合わせが増えている。
先日ご案内した方は真面目で勤勉(そうに見える)若い東南アジアの外国人。 勤続年数も、年収も問題ない。10年日本に住んでいる。もう、三年故郷に帰っていないという。
これからもずっと日本に住み続けるため、家族と一緒に住む家を買いたいそうだ。
そんな彼からの質問。何でこの物件はこんなに安いのですか? 正直、面をくらったが彼に、分かりやすい言葉で任意売却を説明。納得してくれた。 帰り際に、売主様に気を遣った言葉をかける彼。 日本人でもなかなか居ない。
売主様も、彼に買って貰えたら嬉しいと。 気持ちのいい取引が出来そうだ。

日本では相変わらずリストラ・派遣切りや就職難と言われている。 仕事が安定していないと住宅ローンは通らない。ニッポンの若者にも、遠い異国から来た彼らのように頑張って家族のため、終の棲家を手に入れられるように頑張って欲しい。(無理なローンは駄目ですよ)

住宅ローンのお悩みは専門家に早めに相談。弁護士など法律の専門家と一緒に解決に導きます。 当社は相談料・着手金等一切不要です。
0120-963-744 フリーダイヤルほぼ24時間受付
http://31674.com

この記事を書いたプロ

宮口督史

宮口督史(みやぐちとくし)

宮口督史プロのその他のコンテンツ

Share

宮口督史プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-96-3744

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮口督史

株式会社エムズコンサルタンツ

担当宮口督史(みやぐちとくし)

地図・アクセス

宮口督史のソーシャルメディア

rss
rss
2015-03-31
twitter
twitter
2018-08-14