マイベストプロ神戸
永田之子

コミニケーションカウンセリング、マナーと話し方のプロ

永田之子(ながたゆきこ) / 会話&コミュニケーションマイスター

トークナビ

コラム

【思春期の子どもとの会話・コミュニケーション】

2020年3月25日 公開 / 2020年3月26日更新

テーマ:コミュニケーション

コラムカテゴリ:スクール

コラムキーワード: 言葉遣い マナー会話術対人関係療法

■西宮・神戸 元アナウンサーの話し方・マナー&コミュニケーションのマンツーマンレッスン  
https://mbp-japan.com/hyogo/yukimigoro/service1/

■講演会依頼
https://mbp-japan.com/hyogo/yukimigoro/service2/


こんにちは。
話し方&マナー講師の永田之子です。


思春期になってお子さまとの会話がなくなってしまうケースがあります。
これは「幼少期からの親と子どもとの会話が良好にできていたか?」
ということが大きなカギを握ります。


思春期になると会話の量は減りがちになります。
親子の信頼関係ができていると、この時期になっても必要なことでの会話の交流は行われます。



思春期までに子供との「信頼関係」を築くようにしておきたいものです。


そのためには「何でも話せる関係をつくる」ことです。
・相手の話を否定しない
・相手の話を真剣に聞く

相手の話を否定しないということは「相手の心」を受け入れるということです。
「事柄」としては認めなくとも「心」はわかってあげたいという聞き方です。



話には「事柄」と「心」があります。
人は「心」がわかってもらえれば、事柄は通らなくても相手に信頼感を持つものです。

信頼感はコツコツと時間をかけて得られるものです。
お子さまとは常に真摯に向き合い「信頼感」を築くことが最も大切です。
信頼関係ができれば「事柄」としての意見も言えるようになります。


思春期の子どもとのコミュニケーションを改善したい場合、
子どもへの指導も大切ですが、「親の子どもへの接し方」を変えていくことがより重要です。



どの親も幼少期からの子どもへの想いは同じです。
思春期になったからと言って変わるものではありません。
「信頼関係」が心を結ぶ。




それは「親からの働きかけ」ではじまります。





■体験レッスン マンツーマンレッスン
話し方&マナー講師 永田之子
https://mbp-japan.com/hyogo/yukimigoro/service1/5000153/

皆様のご依頼に合った1時間の体験レッスンをご用意いたします。
レッスン内容をお知らせください。

【体験レッスン&レッスン内容】
・コミュニケーション
・話し方
・話すためのボイストレーニング
・マナー
・婚活カウンセリング/親御様のご相談


■講演会
官公庁・自治体・企業
(近況)
千葉県警察本部 警察官への講話
千葉県教頭会 教頭先生への講話  2020年9月予定
「人に伝える、心に響く話し方」
https://mbp-japan.com/hyogo/yukimigoro/service2/



☆あなたの魅力を最大限に発揮する「セルフプロデュース」


講師  元アナウンサー:永田之子 
話し方&マナー講師・コミュニケーションカウンセラー
教室「トークナビ」西宮 門戸厄神駅下車5分 (阪急今津線)

■ホームページ→http://talknavi.jp

■[永田之子]YUKIKO NAGATA
元アナウンサー。
マナー&話し方講師、コミュニケーションカウンセラー、婚活アドバイザー
全ての世代の人に「心と心をつなぐ会話」のコンサルティングを20年間で10,000人に提供。
「人と楽しく話せるようになる」ことでコミュニケーションに貢献。現在、西宮で話し方&マナー教室「トークナビ」を主催。神戸、関西、近畿エリアを中心に全国からの受講生が集まっている。

この記事を書いたプロ

永田之子

コミニケーションカウンセリング、マナーと話し方のプロ

永田之子(トークナビ)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧