まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
永田之子

心と心をつなぐ会話&コミュニケーションレッスンのプロ

永田之子(ながたゆきこ)

トークナビ

コラム

同情よりも「共感の心」を育てる

子どもマナー&話し方・コミュニケーション

2018年12月5日 / 2018年12月17日更新

子どもマナー&話し方&マナー教室「トークナビ」西宮

こんにちは。
話し方&マナー講師の永田之子です。

「子どもマナー&話し方・コミュニケーション教室「トークナビ」西宮」
でのレッスンの中から今日は「同情」と「共感」の違いについてお話ししましょう。

同情の言葉として代表的なものに

「かわいそう」

ということ言葉があります。

しかしこの言葉には「哀れみ」や「上から目線」の心が見え隠れしています。
日常の会話ではあまり使用しないようにと、子どもたちには指導しています。
「かわいそう」という言葉をどのように変えれば、本来のあなたのやさしい心を表す言葉になるのでしょうか?



「辛いよね」「苦しいよね」「しんどいよね」
などがそれに代わる「共感」の言葉になります。


相手とあなたが同じ目線になる「平等」の心を表す考え方がそこにはあります。


同情には「自分はそうでなくてよかった」という心が入ります。
共感の心を言葉にすれば「そのような状況がわかる」というあなたの切なる想いが入ります。



親が子供の前で使う言葉・・・。
子どもは親の言うことはなかなか聞きませんが、親のしていることを、また言っていたことをお手本に真似していきます。


その見本になれる言葉の選び方。
慎重になりたいものですね。






■子育て相談→https://mbp-japan.com/hyogo/yukimigoro/inquiry/personal/

■子供マナー&話し方・コミュニケーションの個人指導
「トークナビ」西宮
https://mbp-japan.com/hyogo/yukimigoro/service1/2801967/

■体験レッスン受付中 
https://mbp-japan.com/hyogo/yukimigoro/service1/5000153/

講師 永田之子 話し方&マナー講師
教室 「トークナビ」西宮 阪急今津線(門戸厄神駅下車5分)


[多彩な体験レッスン内容]
話し方
コミュニケーション
マナー
ビジネスマナー
ボイストレーニング
子どもマナー&話し方・コミュニケーション


■体験レッスンお申込み
https://mbp-japan.com/hyogo/yukimigoro/service1/5000153/


■ホームページ→http://talknavi.jp

■[永田之子]YUKIKO NAGATA
元アナウンサー。話し方&マナー講師、婚活アドバイザー。
全ての世代の人に「心と心をつなぐ会話」のコンサルティングを20年間で10,000人に提供。
「人と楽しく話せるようになる」ことでコミュニケーションに貢献。現在、西宮で話し方&マナー教室「トークナビ」を主催。神戸、関西、近畿エリアを中心に全国からの受講生が集まっている。

この記事を書いたプロ

永田之子

永田之子(ながたゆきこ)

永田之子プロのその他のコンテンツ

Share