まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
永田之子

心と心をつなぐ会話&コミュニケーションレッスンのプロ

永田之子(ながたゆきこ)

トークナビ

コラム

「どちらが危ないか?」を考える

マナー編

2018年6月11日 / 2018年6月21日更新

西宮・神戸
話し方&マナー、コミュニケーションカウンセリングの個人指導 永田之子

こんにちは。
永田之子です。

いつもコラムを読んでくださいましてありがとうございます。
私は普段、西宮の教室で話し方やマナー、コミュニケーション、また元アナウンサーですので
「ボイストレーニング」などのレッスンを行っています。

マナーでお越しの生徒様も多くいらっしゃいます。
全10回で初級をマスターします。

その時に私は、特にそのマナーをする「理由」「意味」をお伝えするようにしています。
例えば「バッグを内持ち」にする・・・。これは美しいバッグの持ち方なのですが 盗難予防にもなります。
(内持ちとはバッグのハンドルに対して手を体側に入れる持ち方です)

また道を曲がる時に、直角に曲がると「後ろから来る人とぶつかる」ことがありません。
曲がる時に一度「後ろを確認する」ことができるからです。

また物が落ちてきた時には手の平ではなく「甲」で受けます。
手の平側には「重要な血管」が走っているから、それを守るためです。


教室ではそのような安全な暮らしをするために、
お子さまのしつけマナーでは「朝起きてから寝るまで」「お外でのマナー」、
大人マナーでは「所作」「公共でのマナー」などで できる限りの「安全に暮らす情報」を丁寧にお伝えしています。


危険回避をすること…それはただ単に「安全な方を選ぶ」事ではありません。
安全な方に行くにしても、「こちらは危険だから」という理由に基づいて安全を選択することです。

危険は色、音、匂いなどでも察知することができます。
そのような場面に遭遇したならば、なるべく「近寄らない」ようにします。

マナーの基本はおもてなしの心。
そのマナーを学ぶことで危険察知の感覚も研ぎ澄まされていきます。


「どちらが危ないか?」それを瞬時に見極める力。
それをしっかりと身につけたいものです!






■体験レッスン受付中→http://mbp-kobe.com/yukimigoro/service1/
(レッスン例)話し方、コミュニケーション、マナー、ボイストレーニング、婚活のご相談
※体験レッスンの内容は皆様のご希望に応じてご準備をさせていただいています。
お申込みの際、簡単にご相談内容をお知らせくださいませ。


■個人レッスンのお申込みはこちら→ http://mbp-kobe.com/yukimigoro/service1/

■ホームページ→http://talknavi.jp

■[永田之子]YUKIKO NAGATA
元アナウンサー。話し方&マナー講師、婚活アドバイザー。
全ての世代の人に「心と心をつなぐ会話」のコンサルティングを20年間で10,000人に提供。
「人と楽しく話せるようになる」ことでコミュニケーションに貢献。現在、西宮で話し方&マナー教室「トークナビ」を主催。神戸、関西、近畿エリアを中心に全国からの受講生が集まっている。

この記事を書いたプロ

永田之子

永田之子(ながたゆきこ)

永田之子プロのその他のコンテンツ

Share