まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
永田之子

心と心をつなぐ会話&コミュニケーションレッスンのプロ

永田之子(ながたゆきこ)

トークナビ

コラム

せきとくしゃみをするときのマナー

マナー編

2018年4月30日

西宮の話し方&マナーの個人指導永田之子

昨日友人の中学生のお子様が、学校の職業新聞の記者を担当するということで「取材」を受けました。
その中に「先生がお仕事をする上で一番気を付けていることは何ですか?」という質問がありました。
この答えは、ずばり

「健康管理です」

私の仕事には代替の人材がいません。
私が現場に立って初めて仕事になります。

そのために「健康管理には十分な注意を払っています」

今日のテーマの「せきとくしゃみ」。
時々電車の中でダイナミックに くしゃみをなさる方がいらっしゃいます(笑)
顔を前に向けたままですし本当にびっくりします。

あまりにもひどい時には、席を外したり車両を変えることもありますが
見た目が素敵な方であればあるほどその「がっかり度」は増します(笑)

ですので公共のマナーとしてせきやくしゃみをするときには必ず「口をふさぎましょう」。
ハンカチやタオルを使うのも良いでしょう。
欧米では「腕で受ける」場合が多く見られます。ウィルスを手に付けて広げないという利点もあるのでしょう。
見た目はあまりよくありませんが欧米では小さいころのしつけでそのように教えている家庭が多くあります。

このような当たり前だけれどもできていないマナーは小学生の低学年頃までに教えられなかったり、聞き逃していたり、
知る機会がなく「習慣として自分のものにならなかった」ということが主な理由です。

「マナーは学ばなければ知ることができない」と言われます。
「人に迷惑をかけない」ということがマナーなのであれば
せきやくしゃみをするときには少なくとも顔を横に向け口をふさぐことを心がけなければなりません。

さてここでおまけのマナーです。のどについたウィルスは20分くらい経つと「わるさ」をはじめるそうです。
ですので15分おきくらいに1回、お水などを飲んでのどからウィルスを流してしまうと良い・・・
とは教室のお医者様である生徒様から教えていただいたお話しです。



■体験レッスン受付中→http://mbp-kobe.com/yukimigoro/service1/
(レッスン例)話し方、コミュニケーション、マナー、ボイストレーニング、婚活のご相談
※体験レッスンの内容は皆様のご希望に応じてご準備をさせていただいています。
お申し込みの際、簡単にご相談内容をお知らせくださいませ。


■個人レッスンのお申し込みはこちら→ http://mbp-kobe.com/yukimigoro/service1/

■ホームページ→http://talknavi.jp

■[永田之子]YUKIKO NAGATA
元アナウンサー。話し方&マナー講師、婚活アドバイザー。
全ての世代の人に「心と心をつなぐ会話」のコンサルティングを20年間で10,000人に提供。
「人と楽しく話せるようになる」ことでコミュニケーションに貢献。現在、西宮で話し方&マナー教室「トークナビ」を主催。神戸、関西、近畿エリアを中心に全国からの受講生が集まっている。

この記事を書いたプロ

永田之子

永田之子(ながたゆきこ)

永田之子プロのその他のコンテンツ

Share