まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
永田之子

心と心をつなぐ会話&コミュニケーションレッスンのプロ

永田之子(ながたゆきこ)

トークナビ

コラム

西宮・神戸 マナーの個人指導「トークナビ」

マナー編

2018年2月22日 / 2018年2月23日更新

[花を贈るときのマナー]ワンランク上のおもてなし

こんにちは。
話し方&マナー講師の永田之子です。

今日は花を贈るときのマナーについてです。
教室には様々なご依頼で生徒様がお越しくださいます。

話し方、コミュニケーション、ボイストレーニング、マナー、婚活のご相談、身の上相談(コーチング)などです。

その中で、マナーや接客を学び「開業」なさる方も多くいらっしゃいます。
「開業します」・・・。そんな報告をお聞きした時には言葉で言えない嬉しさが沸き上がってきます。

開業のお祝いには、お花を贈らせていただくことが多いです。。
特に花の種類にはこだわり花言葉に悪いものが一つもない「胡蝶蘭」を贈ることにしています。
また「根ずく」という意味でも理想的な花です。



花を贈るマナーで気を付けなければならないことは何でしょう。

パーティやご招待などでは当日に贈ることはなるべく避けたほうが良いことになっています。
当日は多忙ですし、コーディネートが済んでいるインテリアに加えるには配色なども気になります。

そのために花は「前日までに送るか」「翌日以降に贈る」・・・というのが「大人のマナー」になっているのです。

開店のお祝いの場合も胡蝶蘭などは人の身長ほどの箱に入って相手に届きます。
開封や梱包から外す手間、段ボールの処理なども考えると当日は避けたほうがいいことがわかります。

心情的には当日贈りたいですし、受け取りたいですね。しかし相手の手間暇を考えるとそうもいきません。

どうしても当日贈りたい場合には、花瓶もいらずそのまま飾れる「アレンジメント」が便利です。
これはピアノやバレーの発表会などでも理想的な形です。


知ってるようで知らないマナー・・・。マナーは相手を「思いやる心」。

贈り物は「届ける先の様々な状況を考えて」・・・という事なのですね。

■体験レッスン受付中→http://mbp-kobe.com/yukimigoro/service1/  
(レッスン例)話し方、コミュニケーション、マナー、ボイストレーニング、婚活のご相談、メンタル強化(心を強くする考え方)

■個人レッスンのお申し込みはこちら→ http://mbp-kobe.com/yukimigoro/service1/  

■ホームページ→http://talknavi.jp

■[永田之子]YUKIKO NAGATA
元アナウンサー。話し方&マナー講師、婚活アドバイザー。
全ての世代の人に「心と心をつなぐ会話」のコンサルティングを20年間で10,000人に提供。
「人と楽しく話せるようになる」ことでコミュニケーションに貢献。現在、西宮で話し方&マナー教室「トークナビ」を主催。神戸、関西、近畿エリアを中心に全国からの受講生が集まっている。

この記事を書いたプロ

永田之子

永田之子(ながたゆきこ)

永田之子プロのその他のコンテンツ

Share