まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
永田之子

心と心をつなぐ会話&コミュニケーションレッスンのプロ

永田之子(ながたゆきこ)

トークナビ

コラム

お金の貸し借りを断る

話し方

2015年4月2日 / 2015年5月23日更新

皆様お元気ですか。西宮で会話&マナー講師をしている永田之子(ゆきこ)です。
(私のプロフィールはこちら→http://talknavi.jp/profile/

今日はお金の貸し借りについての話し方を勉強しましょう。

建築

皆様もお金を、借りたり貸したりというご経験はおありでしょうか?しかしその後の人間関係を壊してしまう元となる貸し借りは基本しないようにしましょう。どうしても貸したいとすればあげるつもりで貸しましょう。それが出来ないのであれば最初から断ります。借りた場合は次に会う時、または期限があればその時までに必ず返します。

さて断り方の例です。まず相手を傷つけないように謝罪から入ります。

○「ごめんなさい。今持ち合わせがないの。」
○「申し訳ありません。今日は買い物があるの」

また大きな貸し借りの場合は

○「大変申し訳ないのだけれど、○○に使う予定があるの」
○「本当にごめんなさい。お貸ししたい気持ちはあるのだけれど、先日○○に使ってしまったの」
○「お役に立てそうになくてごめんなさい。今年○○に払い込みがあるの」

などとお話しましょう。断ることは心苦しいものですがこういった「話す力」を身につけることが、良好な人間関係をいつまでも育むことのできる大切なコミュニケーション力の柱となりあなたを助けてくれます。

話し方・マナー教室 「トークナビ」西宮
http://mbp-kobe.com/yukimigoro/service1/
ホームページ→http//talknavi.jp

この記事を書いたプロ

永田之子

永田之子(ながたゆきこ)

永田之子プロのその他のコンテンツ

Share