まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
永田之子

心と心をつなぐ会話&コミュニケーションレッスンのプロ

永田之子(ながたゆきこ)

トークナビ

コラム

好かれる声のつくり方2 ~会話&マナー教室「トークナビ」~

ボイス編

2014年9月8日 / 2015年10月18日更新

皆様お元気ですか。
会話&マナー講師の永田之子(ゆきこ)です。
(私のプロフィールはこちら→http://talknavi.jp/profile/


之子

今日も私のコラムを読んでくださってありがとうございます。
昨日に続き「好かれる声」のつくり方のヒントをお話します。

まずは「呼吸法」と「発声法」を練習をしましょう。息の出し方をコントロールして「正しい」発声をすることで理想の声に近づけることが可能になります。

それではスタートです!

まずは立ち上がります
1.肩の力を抜く
2.背筋をまっすぐに伸ばす
3.重心をしっかりと足元に置く

この3つを意識しましょう。

昨日レッスンした腹式呼吸で体に、いっぱい空気を入れてください。
両手はおへその上に置き吸った空気のお腹のふくらみを確認します。
そして30センチ先のローソクの炎が揺れるイメージを持って声を出します。


■「あ え い う え お あ お」
 「か け き く け こ か こ」
 「さ せ し す せ そ さ そ」・・・


50音を練習します。
大きく口を開けて一語一語丁寧に発音します。
ローソクの炎は揺れましたか?沢山の息がお腹から出ていなければ喉や口先で声を出していたことになります。これでは心を伝える声は出せません。

これを一日1~2回やってみましょう。
一週間も続けると腹式呼吸の感じが少しづつわかってきて声を出すことが楽しくなってきます。

その頃にはあなたの声は 他の方にとっても心地よいものになってきはじめています 。
    
体験レッスン・教室へのお問い合わせは→→http://mbp-kobe.com/yukimigoro/service1/
ホームページ→http://talknavi.jp
[永田之子]YUKIKO NAGATA
元アナウンサー。会話講師。マナー講師。
全ての世代の人に「心と心をつなぐ会話」のコンサルティングを20年間で10,000人に提供。
「人と楽しく話せるようになる」ことでコミュニケーションに貢献。現在、西宮で会話&マナー教室「トークナビ」を主催。

この記事を書いたプロ

永田之子

永田之子(ながたゆきこ)

永田之子プロのその他のコンテンツ

Share