マイベストプロ神戸
  1. 女性の薄毛のタイプはさま!薄毛の原因を突き止めて、薄毛改善しよう!
中村有子

女性のヘアケア相談のプロ

中村有子(なかむらゆうこ)

Yu-Best合同会社

お電話での
お問い合わせ
072-743-1628

コラム

女性の薄毛のタイプはさま!薄毛の原因を突き止めて、薄毛改善しよう!

2019年9月10日 公開 / 2019年9月17日更新

テーマ:薄毛・抜け毛の改善

女性の薄毛タイプ 
女性の薄毛のタイプは主に4種類あります。
まずは自分の薄毛のタイプがどれに当てはまるかをチェックしてみましょう。

【びまん性脱毛症】
女性の薄毛の悩みで多いのがびまん性脱毛症です。びまん性脱毛症は40代以降の女性に多くみられ、過度なダイエット、老化、ストレス、誤ったヘアケアなどが原因で起こります。

男性ホルモンや遺伝的要因で発症する男性の薄毛のタイプで最も多い「男性型脱毛症」は前頭部の生え際が後退しますが、女性に多いびまん性脱毛症は、頭髪全体が均等に薄くなっていくのが特徴です。

【分娩後脱毛症】
いわゆる「産後の抜け毛」のことを分娩後脱毛症といいます。妊娠中はお腹の赤ちゃんに栄養をとられ、卵胞ホルモン(エストロゲン)と呼ばれる女性ホルモンによって毛髪の成長期(毛母細胞が活発に分裂を繰り返し、新しい毛髪が生まれ活発に成長する時期)を維持しています。

しかし、出産後に急に毛髪が休止期(退行期を経て、毛髪の成長が完全にストップし、自然と毛髪が抜け落ちる時期)に入ってしまうため、薄毛になってしまいます。

【批糠(ひこう)性脱毛症】
頭皮の環境が悪く、乾燥したフケが発生し、毛穴につまってしまうことで炎症を起こしてしまうのが批糠(ひこう)性脱毛症です。

フケが毛穴を塞ぐことで、中の毛髪が成長できなくなってしまい薄毛につながります。生活習慣の悪化などでフケがでることもありますが、頭皮のべたつきなどを気にしすぎて何度もごしごしシャンプーをすることで頭皮を傷め、批糠(ひこう)性脱毛症になってしまう場合もあります。

フケが多い場合は、自然に治らないことも多いので、一度皮膚科を受診する必要があります。

【円形脱毛症】
ストレスやアレルギーなどが原因で発症する円形脱毛症。4つの脱毛症の中では一番聞きなれた症状かもしれません。

円形脱毛症の症状は突然、髪や体毛が一気に脱毛します。名前の通り、円・楕円形に脱毛しますが、髪の毛が長い女性の場合、気付きにくいことがありますので、抜け毛が急に増えたと感じた場合は、頭髪を念入りにチェックしましょう。






女性の薄毛の原因 
女性の薄毛の原因は実にさまざまです。女性特有の女性ホルモンの乱れや、血行不良、ストレス、遺伝的要因などその原因は多岐にわたります。これら一つが原因になる場合もありますし、いくつかの要因が重なって薄毛になることもあります。

【女性ホルモンの減少】
女性ホルモンの一つであるエストロゲンは体調にも大きくかかわっていますが、髪の毛にも影響を及ぼします。

更年期に伴うエストロゲンの減少、生活習慣の乱れによるホルモンバランスの崩れなどは、毛の成長期が短くなり、脱毛につながります。

【過度なストレス】
過度なストレスを感じると、自律神経が乱れ、血行不良につながります。

髪の成長には血流が重要であるため、血行不良になることで髪に十分な栄養を届けられず、成長を妨げます。

【過度なダイエット】
「きれいでいたい」という願いで行うダイエットも、いきすぎると薄毛につながります。

体が栄養不足になると、まずは重要な臓器などから栄養を届けようと指令がでます。命にかかわらない髪の毛は栄養が届くのが後回しになり、髪の発育を妨げてしまいます。

【誤ったヘアケア】
べたつきが気になるからと1日に何度も洗う、逆に何日も洗わない、どちらも頭皮環境の悪化につながります。

他にも洗浄力の強すぎるシャンプーを使ったり、ヘアカラー、パーマ、縮毛矯正などを頻繁に行ったりすることも頭皮や髪にダメージを与えます。

女性の抜け毛・薄毛を改善するには   
抜け毛や薄毛は生活習慣やヘアケアを見直すことで改善につながります。自分で行えるものばかりですので、意識的に取り入れてみてください。

【良質なタンパク質の摂取】
髪の毛の成分はタンパク質でできています。タンパク質は女性ホルモンのバランスを整える効果があるので、意識して良質なたんぱく質を摂りましょう。植物性、動物性どちらのたんぱく質もバランスよく摂取するのがポイントです。

肉・魚・卵・大豆・牛乳・など

【血行をよくする】
血行不良になると冷えにつながります。冷えは女性の大敵と言われるように、体のあちこちに不調を起こします。

髪の毛の場合も同様で、血行が悪くなると毛髪の成長を妨げます。冷たいものはなるべく控え、ゆっくりと湯船につかる習慣をつけるだけで、改善につながります。

また、ストレスがたまることで自律神経が乱れ、血行不良につながります。自分に合ったストレス発散方法を見つけましょう。

【質の良い睡眠をとる】
質の良い睡眠は、体、肌だけでなく、髪にも良いと言われています。質の良い睡眠をとるためには、寝る前にスマホやテレビを見ない、カフェインの摂取を控えるなど環境づくりから意識してみましょう。

【ヘアケア商品の見直し】
洗浄力の強すぎるシャンプーの場合、皮脂を落としすぎてしまうことがあります。保湿成分がしっかり入ったものを選び、自分に合ったヘアケア商品を、正しい用量用法を守って使用しましょう。

この記事を書いたプロ

中村有子

女性のヘアケア相談のプロ

中村有子(Yu-Best合同会社)

Share
関連するコラム

中村有子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
072-743-1628

 

不在時は折り返しますのでメッセージを残して下さい。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中村有子

Yu-Best合同会社

担当中村有子(なかむらゆうこ)

地図・アクセス

中村有子のソーシャルメディア

rss
ブログ
2019-09-12
youtube
YouTube
2018-03-11
twitter
Twitter
2019-09-13
facebook
Facebook

中村有子プロのコンテンツ