まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
鳥居秀平

歯のプロ(歯科医)

鳥居秀平(とりいしゅうへい)

(医)悠和会 北野坂鳥居歯科医院・麻布十番歯科オーラルケア

お電話での
お問い合わせ
078-321-0146

コラム

炎症と麻酔

2013年5月15日

黒木です(*∨∨*)

治療の際、局所麻酔をする場合があるのですがスグに効く患者さま、効きにくい患者さまがいらっしゃいます。

自分自身はっきりとした理由が分からなかったのですが、知ることができたので書きたいと思います☆

まず局所麻酔とは、身体の一部の感覚、特に痛みの喪失を目的として使用されています。

薬物 (局所麻酔薬) が体内に入ると『吸収』→『体内分布』→『代謝』→『排泄』が起こります。
効きやすいか効きにくいかは『吸収』がかかわっており、薬物 (局所麻酔) と ヒトの組織の性質(pH) に左右されます。

健康なヒトの組織のはpHが中性で保たれており、一方局所麻酔薬は、ほとんどが弱い塩基です。

局所麻酔薬が体内に入ると、薬物の25%ずつが遊離塩基になり細胞膜を通過して効果を現していきます。

逆に炎症がある場合は、組織は酸性に傾きます。それにより局所麻酔薬が細胞膜を通過するのに時間がかかり、効くのにも時間がかかります。

『吸収』を左右するものはヒトの組織の性質以外にも多々あり、体温や組織構造、年齢、病気、服用しているお薬の分子形態などが挙げられます。



この記事を書いたプロ

鳥居秀平

鳥居秀平(とりいしゅうへい)

鳥居秀平プロのその他のコンテンツ

Share

鳥居秀平プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-321-0146

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鳥居秀平

(医)悠和会 北野坂鳥居歯科医院・麻布十番歯科オーラルケア

担当鳥居秀平(とりいしゅうへい)

地図・アクセス

鳥居秀平プロのその他のコンテンツ