まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
坂部智子

介護サービスのプロ

坂部智子(さかべともこ)

神戸・長田の宅配ショップ ともべぇ

お電話での
お問い合わせ
078-647-3152

コラム

その後の母

2017年10月12日

誤嚥性肺炎と熱性けいれんでの入院後3週間ほどで退院。
小規模多機能施設では、ソフト食を用意してもらい、時間をかけてゆっくり食事介助をしてもらっているようだ。
車いすでトイレまで連れて行ってもらい、二人介助で便器に移る。
座って、ちゃんと便も出たそうだ。
ただ、けいれんを抑える薬のせいか、以前よりも体が柔らかく、
しかも下肢筋力がすっかり落ちてしまっているので、なかなか足に力が入らないようだ。

この前の祝日、久しぶりに家に帰って来た。
(といっても、昼食後から夕方までの3時間ほどだけ)
今のカラダの状態で、家で過ごすことができるのか。
難しいことがあれば、工夫や改善ができるのか・・・などなど。
現場検証??お試しの機会として。

実際、昼食後(ほぼ完食)だったこともあり、ずっとウトウトしている。
(よだれの量ははんぱない)
お母さん、家やで!
帰って来たね~、久しぶりやね~
ほらほらみて~、みんなおるね~
うるさく話しかけ続けると、
「ふん」
「はぁ」
「あ゛~」
などと返事はするけど・・・愛想なし。
せっかく帰って来たのに・・・と少々がっかり。
しかたない。
それでもいつものように、三線弾いて賑やかになり、
訪ねてくれたオバ夫婦と一緒におやつを食べて・・・と楽しく過ごせた。
抱えて歩くことはまだ無理で、車いすでトイレまで行き、二人がかりでどうにか便座への立ち座りはできた。
やらやれ。
今週は、いつものようにお泊りで帰って来てもらおう。
狭い廊下とトイレ間口を少しでもスムーズに動くために、室内用の車いすを試しに使ってみるコトにした。
こんな仕事をしておきながら、
できるだけあるモノでの代用や工夫をメインにして、必要最小限の福祉用具で生活していたけれど、
何よりも母の安全、安楽さとこちらの体力的負担を減らすために、使えるモノは活用してみようと思いました。

トイレの扉は、向きを付け替えた方がいいようにも思うし。
これは、今週の現場検証??で、考えてみよう。

母、82歳
落ちた筋力を戻すことは容易ではない。
まして、母に自覚があって自ら運動をすることは不可能なのだ。
起きて座る時間を伸ばす、
立ったり座ったりの頻度を増やす。
座る椅子をあれこれ替える。
姿勢を変える・・・などなど地道な積み重ねを続けるしかない。
眠っている時間が増えているのは、それだけ疲れているからだね。

ほんのわずかな、母がこっちをちゃんと見ている時間が、ほんとうにかけがえのない瞬間になっている。

この記事を書いたプロ

坂部智子

坂部智子(さかべともこ)

坂部智子プロのその他のコンテンツ

Share

坂部智子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-647-3152

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

坂部智子

神戸・長田の宅配ショップ ともべぇ

担当坂部智子(さかべともこ)

地図・アクセス

坂部智子プロのその他のコンテンツ