まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
坂部智子

介護サービスのプロ

坂部智子(さかべともこ)

神戸・長田の宅配ショップ ともべぇ

お電話での
お問い合わせ
078-647-3152

コラム

心配する側になって

日々ねた

2014年8月21日 / 2014年8月22日更新

事務所に着いて、鏡を見た。
ちょっとマシな顔になって映っているかな。
朝行った、馴染のお客さんに、顔を見るなり「どないしたん? やつれとう!!」と言われて、通りすがりのクイック床屋?さんで、少し髪を切ってもらってきたのだ。

誰に言われたからというのではないような。
昨日、無事に手術が終わって(椎間板ヘルニアで、1cmほども飛び出していたらしいので、手術するしかない・・・となったのでした)
ようやく、私も久しぶりに少し眠れたのもあるかな。
やつれるに任せていた?トコロから、そんなコト言われてたらアカン…と、今朝は思えたのだ。

ちょうど、具合が悪くなりかけてから、一週間ほど。
今回の展開で、心配やらトラウマ(?)やらに襲われて、ジタバタしたのは、
ほんの1週間やったんや・・・
(昨夏からの父の時とは、またなんか違った痛み?苦しみやった・・・)

しかし、そう思うと、今さらながらに自分の時のコト、
7年もの間、いったいどれだけ母に、父に、周りの人に心配をかけていたのか・・・
その胸の内が、今なら、今になって、ようやくほんの少しだけわかる気がする。
(認知症が進む母や、がんと闘う父の心配をしていた自分とも、また違うのだ・・・
上手く言えないけど)

ずっと心配をかける側だった自分は、本当に、なんてコドモだったのかと思う。
年齢ではなく、生き方として。
もちろん、これで自分が大人になった・・・とは、まだまだ思えない。
渦中にいる時、あまりにもジタバタしてしまう自分を突きつけられる。
渦中にいても、それが「必要な試練」だと受け取れるだけの度量が・・・
いつか持てるんやろうか・・・
(果てしなく高いハードル・・・)

父を亡くした哀しみから、なかなか気持ちがシャンとしなくて、ずっとぐずぐずしていた。
自分だけ時を進めず(進まず)、共に生きている人と過ごす大切なこの時間も、どっかうわの空でいたのだ。

ごめんね、
父にも謝らないといけないね。
頭ではわかっていたけれど、どうにも心がついてこなかった・・・という言い訳はあるけれど。
心配する側になって、
ようやく、ココロの時計がやっとこさ突き動かされたのでした。

やれやれ。
(まだ今からリハビリやらいろいろ・・・回復への道は続く・・・)

この記事を書いたプロ

坂部智子

坂部智子(さかべともこ)

関連するコラム

坂部智子プロのその他のコンテンツ

Share

坂部智子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-647-3152

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

坂部智子

神戸・長田の宅配ショップ ともべぇ

担当坂部智子(さかべともこ)

地図・アクセス

坂部智子プロのその他のコンテンツ