まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
坂部智子

介護サービスのプロ

坂部智子(さかべともこ)

神戸・長田の宅配ショップ ともべぇ

お電話での
お問い合わせ
078-647-3152

コラム

父の誕生日

日々ねた

2013年4月2日

昨日、4月1日は父の82歳の誕生日。
といっても、ホントに生まれたのは8日らしいので、
正確にはまだ81歳なのだが・・・
しかしまあ、戸籍上は1日なので、いちおうイベントとしては1日としている。
(エイプリルフールというのが、なんか、父っぽいとも思う)
どうやら父は、祖母が40過ぎてからの子供らしく、(確か上に4、5人いたらしい)
1年でも早く巣立ってほしかったようで、繰り上げて届けたそう。
結果、子供の頃はずっと周りと比べて、ちっこくてひよわっちい子供だったらしい。
「らしい・・・」ばかりなのは、遠い遠い昔に祖母から聞いた話だから。

父については、このコラムでもよく書いているので、
今はかなりな「仲良し親子」風ではあるけれど、
実は、なんといってもまだまだ期間は浅いのだ。
いわゆる高度成長期の「モウレツ社員」であったので、子供の頃はほとんど母子家庭。
とても本人には言えないけれど、私にとって父とは、
あんまりしゃべったことないし、よくわからん、けど、なんか家には居る・・・
という一番最初に出会った「身近な他人」・・・ともいう存在だった。
(隣のオジチャンのほうが、ずっとずっと仲良しで大好きだった。)
成績や進路なんかの話ももちろんしたことない。
私がどこの高校に行っているかも知らんのでは・・・ぐらいに思っていた。

なのに、それがまあ今では、自意識過剰かもしれないけれど、
父の中では「私」が閉める位置が相当大きいように思う。
もちろん母の介護が、父の中心ではあるはず。
しかし、母がショートでいない時などは、まるで新妻のように私の帰りを待っている。
8時には二階に上がって自分の世界でのんびりしたいはずの人が、
晩ごはんを待っていてくれるのだ。
そして、一緒に食べている間中、この料理を作ったいきさつから、
今日あったあれこれを、私にしゃべりまくるのだ。
話で聞く、勤めから帰ってきた夫に対する新妻のよう・・・でないか???
まあ、日頃母と二人でいる時間というのが、父には相当ストレスになっているのだろう。
そこに、第三者が入る、帰ってくるというのが、父にはなによりホッとすることなのかな。

この生活が、いつまで続くのか(続いていいのかも含めて)わからない。
けど、82歳になる父が、手探りで、今までの自分とは違うところで
頑張っているのは、やっぱりすごいと思う。

なかなか直接には言いにくいけど、
「いつもありがとう」と、昨日は、素直に伝えられた。
どうやら、「ごはん」のこと(だけ)だと思ったようで、
また、料理について熱く長々と語りだした・・・

まあ、いいか・・・

この記事を書いたプロ

坂部智子

坂部智子(さかべともこ)

関連するコラム

坂部智子プロのその他のコンテンツ

Share

坂部智子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-647-3152

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

坂部智子

神戸・長田の宅配ショップ ともべぇ

担当坂部智子(さかべともこ)

地図・アクセス

坂部智子プロのその他のコンテンツ