まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
坂部智子

介護サービスのプロ

坂部智子(さかべともこ)

神戸・長田の宅配ショップ ともべぇ

お電話での
お問い合わせ
078-647-3152

コラム

今度はたんこぶ

母の介護

2012年10月2日

母は、日曜日に右眉の上を2針縫って、その後はまあ落ち着いて過ごしていたらしいが
月曜日、食後、椅子でこっくりこっくり・・・そのまま転倒したらしい。
後頭部にたんこぶをつくっていた。
あれあれ、まあ次々と。

目の上にテープが貼ってあるので、おそらくちょっとモノが見えにくいよう。
それでか、どうもバランスが悪い。
(いちおう脳のCTは見てもらっているので、そっちは大丈夫らしいけど)

実際のところ、どうやってベッドから落ちたのかはわからないままで、
ショートステイ先では、母がベッドから降りようとしたらブザーが鳴る・・・という
「徘徊感知器」を足元に置くようにした・・・とのこと。
もしも、足をおろして立ち上がるかなにかしたのであれば、
次回、同じことがおこれば、しっかり鳴って事前に防げるだろう。
(座って足を置いただけでも鳴るので、かなりはた迷惑ではあると思われるが・・・)

どうかな・・・
私が“コナンくん”なり(?)に推理したところでは(?)、
たぶん母は、ベッドの上に起き上がり、しばらくそのまま座っていたと思われる。
で、家なら降りる側にはサイドレールがあるので、柵に足をつっこむか
あるいは、そのままコロンとまた転がって寝るか・・・というところ。
壁側には、安全のため座布団を並べて立てかけてあるので、
万一壁際に頭から倒れても、一応防御ができている。

ショートでは、サイドレールが頭側のみ。
なので、降りる気はなくても、ガサゴソしていたら、自然に足がベッドから出て
垂れ下がり、そのまま座って寝てしまったのでは・・・
ガクンと頭が落ちてか、ズリズリとずり下がったか・・・で、
たぶん、ベッド枠が出っ張っているところで顔を打ったと思われる。
それなら、やっぱり、囲ってしまうほどのベッド柵が、必要な気がする。

むやみに柵を超えようとか、閉じ込められて暴れる・・・という行動に出ることはない。
ただなんとなく、目が覚めてしまい、そうすると起き上がってしまって、
そのままじ~っとしてる・・・間にまた眠ってしまう・・・というだけ。

夜間にブザーがビービー鳴って、そのたびにバタバタと駆け込んできてもらうのも
なんだか・・・と思うなあ
やっぱり「安全なベッド柵」やね。
なんなら、足が出ないように カバーをつけて。

昨日も書いたけれど、
気を付けていても、なんか起こるときはおこる。
でも、縫ったり、たんこぶできたり・・・は、やっぱり痛いし、
ひとつ起こると、なんでか、次々と続くもんやし・・・(それがこわい)

二度あることは・・・で、いちおう、さらに気を付けてはいるところです。

この記事を書いたプロ

坂部智子

坂部智子(さかべともこ)

関連するコラム

坂部智子プロのその他のコンテンツ

Share

坂部智子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-647-3152

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

坂部智子

神戸・長田の宅配ショップ ともべぇ

担当坂部智子(さかべともこ)

地図・アクセス

坂部智子プロのその他のコンテンツ