まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
坂部智子

介護サービスのプロ

坂部智子(さかべともこ)

神戸・長田の宅配ショップ ともべぇ

お電話での
お問い合わせ
078-647-3152

コラム

なぜ人間になれたのか その4

感想(TV、本、他)

2012年2月28日

日曜日のNHKスペシャル「ヒューマンなぜ人間になれたのか」
第4回は、「そしてお金が生まれた」
お金が人をどう変えたのか・・・

「その日暮らし」だった時代は、「分かちあう」ことが基本。
お金が一切なくても暮らせる、なんでも平等で、横並びの社会だ。
そんな中では、他人に抜きん出て成功する人は出てこない という。

紀元前4000年
世界最古の都市の遺跡からは、お金が出土している。
元々は、麦や米、塩、羊などがお金の代わりだった。
欲しいモノを交換するための仕組み。

この、「交換」ということができるのは、人間だけだという。
信頼なくしては、「交換」はない。

しかし、麦や羊などは、腐るため、そこから、永遠の価値がある「貨幣」が生まれた。
永遠の価値 = 安定した未来が実現するという希望
「その日暮らし」から、生活の長期的な設計という観点への切り替えが起こった。

お金がなかったとき、
平等に分かち合うというのは、ある意味守られた暮らし。
お互いがお互いを守るために働いていた。

お金が登場してからは、個人の責任。
ある意味、集団からの孤立、しかし、開放でもある。
個人の才覚で生きる時代の幕開け・・・となったのだ。
果てしない繁栄をもたらすのか・・・・

横並びのままだと発展しない。
競争すれば、格差が生まれる。
人は、格差が生まれても、競争することを望んでその歴史を積み重ねてきたのか・・・

興味深い報告があった。
実験で、腹側線条体=快楽を求める中枢が、目の前の人との格差が開いていくときよりも、
差が無くなっていくときに活発になったという。

脳は、差が無くなることを喜ぶのだ。

「目の前の相手と」という、条件がつくようではあるが、
遥か遠い人類の歴史の中で培われた、「分かち合う心」というのは、
脳にしっかりと、根付いているのだ。

エンディングに、
今の時代、このままでは、未来にツケが回る。
しかし、人は世の中を変えてきた生き物・・・・と流れた。


お金が人間を、人間にした・・・と言える。
今の世の中からお金が無くなることは、決してないだろう。
番組を見ながらずっと、「私は何が欲しいんやろ・・・?」と考えていた。
(目の前の人と、分かち合うことを喜べる
そんな仕組みがちゃんと、おそらく、この脳にもあることに、ちょっと安心しながら)

この記事を書いたプロ

坂部智子

坂部智子(さかべともこ)

関連するコラム

坂部智子プロのその他のコンテンツ

Share

坂部智子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-647-3152

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

坂部智子

神戸・長田の宅配ショップ ともべぇ

担当坂部智子(さかべともこ)

地図・アクセス

坂部智子プロのその他のコンテンツ