まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
坂部智子

介護サービスのプロ

坂部智子(さかべともこ)

神戸・長田の宅配ショップ ともべぇ

お電話での
お問い合わせ
078-647-3152

コラム

上掛け用の防水シーツ

母の介護

2011年9月27日

先週より、急激に涼しくなって、母の夜間の尿量が減った。
寒いほうが増える・・・という気がしていたが、なぜか減っている。
ずいぶん減った。
もちろん、日にもよるが・・・

しかし、今まではタオルケット一枚で寝ていたので、濡れてもすぐに洗って
乾くのも早かった。
涼しくなったので、まだうす手ではあるけれど、“布団”を掛けて寝るようになった。
これが、濡れたら、けっこう大変。

↑前にも書いているけれど、寝相が相当すごいので、敷布団には防水シーツを敷いているが、
上に掛けているものもお尻の下に巻き込まれるので、たいがい濡れるのである。

このまま、尿量が少なければ、紙パンツのみで漏れることなく過ごせるけれど
もしも夏場のように、容量オーバーでびっちゃんこになることがあれば
上の布団や、毛布はいったい・・・・というところ。
介護用の防水シーツを、くまなく探したけれど、上掛け用のは無いのである。
(ショップに居た時も、お客様から聞かれたことはありました・・・・
3年以上前のことだけど、それ以降も進化なし・・・ということか・・・)
(そもそも、まだまだ防水シーツが必要なのは自力では動けない人・・・とされているのか・・)

いろいろ考えた。
敷き防水シーツを、上に掛ける(あるいは、縫いとめる)・・・ → ゴワゴワする。
肌に直接触れるものに温かみが無いと、これからの時期はツライ。(母は寒がり)

とりあえずの一時しのぎとして、うす手の、“マイクロファイバー毛布”の半分サイズ(120cm×140cm)なのを買った。(598円なり)
ポリエステルなので、多少の防御にはなるのでは・・・と思って。
肌触りは、すべすべ、ふかふか。(598円でも)

胸から膝ぐらいまでに横に長くして掛けて、その上にタオルケットを掛け、
その上からうす手の布団をかけた。
あっちこっち向いて寝る間に、うまく体の下にはその“マイクロファイバー毛布”が
入り込んでいる。

紙パンツから少し漏れ出た分ぐらいなら、どうやら上の布団は無事でした。
冬に向けて、洗いにくい、乾きにくい・・・というものは本当に困るので。
この“マイクロファイバー毛布”は、洗濯機でじゃぶじゃぶ洗えて、すぐに乾く。
今のところ、いいアイデアとなっています。

尿量が、どう変化するかも合わせて、
この項、また報告していきます。

この記事を書いたプロ

坂部智子

坂部智子(さかべともこ)

関連するコラム

坂部智子プロのその他のコンテンツ

Share

坂部智子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-647-3152

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

坂部智子

神戸・長田の宅配ショップ ともべぇ

担当坂部智子(さかべともこ)

地図・アクセス

坂部智子プロのその他のコンテンツ