まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
堺谷珠乃

おむつ・排泄ケア・福祉用具のプロ

堺谷珠乃(さかいたにたまの)

有限会社 悠豊

コラム

介護・排泄ケアを楽しもう(2)

排泄 ・ 介護

2011年12月6日 / 2014年4月21日更新

介護 : 笑顔になれるワンポイントアドバイス (排泄)

《 排 尿 NO,1 》

排泄とは
人間も含め動物は口から食物を食べ、体内で消化をして栄養を吸収をして命を維持しています。
栄養を吸収した後のいらなくなった水分や老廃物が尿と便となって体の外に出ていきます。
この出すということを排泄といいます。

排泄障害とは
尿や便を正常に溜めることができない、出せない、漏れてしまうことを排泄障害といいます。

排尿障害とは
尿を溜めることができなくなる、尿意がなくなる、我慢することができなくなる、漏れる、出せなくなる、回数が増えることです。



こんなことはありませんか?
・尿意を感じてからトイレに行くまで我慢できない。
・知らないうちに漏れている。
・動作と同時に尿が漏れている。
・1回の排尿量が減った。
・排尿の時間が長くなっている。
・排尿後、尿が残っている感じがする。
・日中8回以上、夜間3回以上、トイレに行っている。
・泌尿器の病気がある。
・前立腺の異常がある。
・出産をしている。
・外出時、いつもトイレの場所を探している。
・トイレがわからない。
・尿意がなくなっている。



『 排尿障害の種類 』
●腹圧性尿失禁
咳やクシャミが出た時、重い物を持ち上げた時、お腹に力を入れた時、など、腹圧がかかった時に尿が漏れます。
また出産や加齢などで膀胱を支え尿道を漏れないように締める筋肉(骨盤底筋)が弱っている場合に漏れます。

●切迫性尿失禁
尿意を感じてからトイレに行くまで我慢できずに漏れます。
膀胱に尿が少ししか溜まっていない場合にも起こります。

●溢流性尿失禁
尿が出にくいのに漏れます。
膀胱に溜まった尿や排尿後に膀胱に残った残尿が少しづつ漏れます。

●機能性尿失禁
トイレやトイレの場所がわからない、トイレまで行けない、衣服の着脱ができないなど、認知症や肉体的な原因で判断や動作が上手くできずに漏れます。


尿失禁は体の機能が原因の場合と、病気や怪我、加齢で起こる場合があります。
重篤な病気が隠れていることがある場合もありますし、治すことができる尿失禁もあります。

加齢のせいだとあきらめないでくださいね。




「おむつ・排泄ケア・福祉用具のプロ」
     TAMANO
http://mbp-kobe.com/tamano/
http://you-hoh.com/minimutsuki.html
http://ameblo.jp/tammy-mee/

この記事を書いたプロ

堺谷珠乃

堺谷珠乃(さかいたにたまの)

堺谷珠乃プロのその他のコンテンツ

Share

堺谷珠乃プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-362-0078

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

堺谷珠乃

有限会社 悠豊

担当堺谷珠乃(さかいたにたまの)

地図・アクセス

堺谷珠乃のソーシャルメディア

rss
rss
2016-04-17
facebook
facebook

堺谷珠乃プロのその他のコンテンツ