マイベストプロ神戸
玉木龍一

伝統的・近代的な表具をつくるプロ

玉木龍一(たまきりゅういち) / 伝統工芸

玉木楽山堂

お電話での
お問い合わせ
078-851-7590

コラム

2010年表展作品のメイキング㉖(覚ver.)<あとがき>

2019年3月23日

コラムカテゴリ:くらし

玉木覚です。

好評を頂いておりました掛軸のメイキング記事ですが、先日無事に掛軸完成の記事を書くことができました。見てくださっていたみなさま、わかりにくい部分もあったと思いますが、最後まで広い心でいてくださってありがとうございました。厚く御礼を申し上げます。
今後もいろいろなメイキング記事を載せていこうと考えているのですが、もっと明快な内容にしていこうと思います。
どうそお楽しみに!

では、掛軸ができるまでのまとめです。

<今回の掛軸ができるまでの工程>

●作品と対面

●仕上がりイメージの想像と表装形式(掛軸、額など)の決定

●布や軸先など意匠に関する材料の決定

●各部分の寸法の決定

●肌裏の準備(布や紙などの肌裏されるものと裏打ち紙の準備・布の柄合わせと縮み取り)

●肌裏を入れる(一回目の裏打ち)

●増裏の準備(肌裏を入れたものを仮張りからはがして、増裏の裏打ち紙を準備)

●増裏を入れる(二回目の裏打ち)

●付廻し(『切り継ぎ』とも言います。ここでやっと掛軸らしい形になります。)

●耳折り

●天地の寸法決め

●総裏の準備

●総裏を入れる(三回目の裏打ち)

●仮張り

●軸木と八双の準備

●軸木と八双の取りつけ

●鐶の取りつけ

●紐の取りつけ

●完成!

【注:風帯に関する工程を除けば、掛軸は大まかにはこのような工程を経て作られている、と思っていただいて大丈夫です(今回は風帯が付いていない形式の掛軸です。)】

たくさんの工程がありますね。記事をご覧になった方はお気付きかもしれませんが、掛軸が出来上がるまではうしろの工程になればなるほどミスしたときの影響が大きいです。最悪の場合は、肌裏からのやり直しになります。これってスゴロクで言ったら『振り出しに戻る』ような感覚です。ですので、細心の注意を払いながら掛軸を作っています。

最後になりましたが、今回の記事はちょこちょこと加筆修正をして、玉木楽山堂のウェブサイトに載せる予定です。こちらもお楽しみにしていてくださいね。

表具師 玉木楽山堂

https://www.tamakirakuzando.com/

この記事を書いたプロ

玉木龍一

伝統的・近代的な表具をつくるプロ

玉木龍一(玉木楽山堂)

Share

玉木龍一プロのコンテンツ