マイベストプロ神戸
  1. 2010年表展作品のメイキング㉕(覚ver.)<紐の取り付け→掛軸の完成>
玉木龍一

伝統的・近代的な表具をつくるプロ

玉木龍一(たまきりゅういち) / 伝統工芸

玉木楽山堂

お電話での
お問い合わせ
078-851-7590

コラム

2010年表展作品のメイキング㉕(覚ver.)<紐の取り付け→掛軸の完成>

2019年3月23日

コラムカテゴリ:くらし

玉木覚です。

さて、前回で座金(ざがね)と鐶(かん)の取り付けが完了しました。
(写真ではすでに紐がついていますが、まだ紐はついていないと思って見て下さい。)





今回は前回取り付けた鐶に紐を取り付けます。この作業が終わると掛軸は完成します。掛軸の紐は『掛緒』と『巻緒』に分けられます。どちらも同じ紐を使うのですが、役割が違うので呼び名が異なります。掛緒は掛軸を壁の金具に掛けて掛軸を吊るすための紐、巻緒は掛軸を巻いて仕舞うときに掛軸をとめるための紐です。
詳しくはこちらをご覧ください。⇒『掛緒』と『巻緒』の説明です。





紐と座金&鐶のセットです。座金&鐶は前回の記事の主役ですね。

掛軸の掛緒と巻緒には平紐(きしめんみたいな平べったい紐)が使われます。色はいろいろあるのですが、掛軸の形式(仏表具とか茶掛けなどのこと)によっては使いにくい色があるので、注意が必要です。このあたりの細かい話は後日します。今回は上の写真の紐を使いました。



←今回使った紐の拡大



←こんな紐もありますよ。

早速紐を鐶に結びました。







紐を取りつけたら、紐の切り口がばらけて見苦しくないように、糊できれいに整えます。上の2枚の写真からその様子が見えるでしょうか。





これで紐付けが完成しました。
ということは・・・、やっとこさ掛軸の完成です!
ここまで長かったです。完成までお付き合いくださったみなさま、本当にありがとうございます感謝感激です!



完成!

掛軸は今回の記事で完成です。
次回はあとがきとして完成までのまとめなどを書きたいと思います。

では、次回もお楽しみに!

『2010年表展作品のメイキング㉖(覚ver.)』へ続く。⇒続きはこちらです。

表具師 玉木楽山堂

https://www.tamakirakuzando.com/

この記事を書いたプロ

玉木龍一

伝統的・近代的な表具をつくるプロ

玉木龍一(玉木楽山堂)

Share

玉木龍一プロのコンテンツ