マイベストプロ神戸
  1. 2010年表展作品のメイキング㉔(覚ver.)<座金と鐶(かん)の取り付け>
玉木龍一

伝統的・近代的な表具をつくるプロ

玉木龍一(たまきりゅういち) / 伝統工芸

玉木楽山堂

お電話での
お問い合わせ
078-851-7590

コラム

2010年表展作品のメイキング㉔(覚ver.)<座金と鐶(かん)の取り付け>

2019年3月23日

コラムカテゴリ:くらし

玉木覚です。

前回までで軸木と八双の取り付けが終わりました。



←軸木の取りつけ完了



←八双の取りつけ完了

ここまでくれば、掛軸はほぼ完成です。
あとは掛軸を掛ける(吊るす)ために必要な金具を八双に取りつけてから、紐を取りつけたら完成です。
今回の記事では、紐を掛軸に取り付けるための金具『座金(ざがね)と鐶(かん)』の取りつけを紹介します。



←上:鐶(かん)、下:座金(ざがね)

上の写真は、今回使った鐶(かん)と座金(ざがね)です。鐶と座金にはそれぞれいくつかの種類があります。今回使ったものは、よく使われる種類です。鐶と座金の詳しいお話はまた改めて書きますね。

この金具をどう取り付けるのか、文章ではわかりにくいのでネタばらしします。写真では紐つけも完了していますが、今回は金具に注目してくださいね。



←紐をくくりつけている部分が鐶



←離れて見るとこんな感じです。

鐶(かん)と座金(ざがね)は八双に取り付けるのですが、どこに取り付けても良いということはありません。鐶(かん)と座金(ざがね)の取り付け位置を決めたら、金槌で鐶を打ち込んで座金を固定します。この詳しいお話もまた改めて別の機会に譲ります。

これで鐶(かん)と座金(ざがね)の取り付けが無事に完了しました。
あとは鐶に紐をつければようやく掛軸の完成です。

次回もお楽しみに!

『2010年表展作品のメイキング㉕(覚ver.)』へ続く。⇒続きはこちらです。

表具師 玉木楽山堂

https://www.tamakirakuzando.com/

この記事を書いたプロ

玉木龍一

伝統的・近代的な表具をつくるプロ

玉木龍一(玉木楽山堂)

Share

玉木龍一プロのコンテンツ