まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
村上智史

地元で愛される保険のプロ

村上智史(むらかみさとし)

株式会社すずらん保険サービス

コラム

万が一の時(残された家族に必要な生活費・・) すずらん太郎物語 第6回 ②

すずらん太郎新聞

2011年5月13日 / 2011年5月22日更新

 
 ◆◇◆ 太郎と愛ちゃんは勉強も趣味も頑張る! ◆◇◆

 お父さんとお母さんは子供の成長を楽しみにしています。

 この先の人生のことを2人でゆっくりお茶を飲みながら話し合っています。

 お母さんの入れるコーヒーはとても美味しい。

 今回は万が一の時のことを考えてみました。

 

 □ ■ □ 保険の女神様スーズ様より・・・ □ ■ □ 

 
 万が一の時、残された家族の生活を守るには 「いくら」保障が必要なの?
           
               
  
 ★すずらん家の場合は、以下のようになります。
 

 「残されたご家族に必要な収入」- ★★「遺族年金」 = 「残されたご家族に不足する金額」
       ↓                   ↓                 ↓
   月額約35万円            月額約15万円          月額約20万円


  
   ★すずらん家の場合

    ①遺族年金は、すずらん一郎氏(お父さん)の平均標準報酬月額は35万円、
     厚生年金加入期間を25年(300月)として計算
 
    ②一郎氏が万が一の時のすずらん家の生活費を35万円とする。

                    
   
   ★★ 国民年金や厚生年金などの公的年金の被保険者が死亡した場合に、遺族に遺族年金
  
     が支給されます。

     遺族年金の額は、自営業の方、サラリーマンの方、家族構成、年収などによって異

     なります。
   
     なお、お子様が18歳を超えると子供分の支給額はなくなります。

   
   

   ※出典:生命保険文化センターホームページ「ひと目でわかる生活設計情報」より
 
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

    http://www.jili.or.jp/lifeplan/index.html

    

 

この記事を書いたプロ

村上智史

村上智史(むらかみさとし)

村上智史プロのその他のコンテンツ

Share

村上智史プロのその他のコンテンツ