マイベストプロ神戸

コラム

商品展示の仕掛けで新鮮さを持続させよう

2020年2月15日

テーマ:ディスプレイの意義

コラムカテゴリ:ビジネス

はじめまして。Stylegreen を主宰しております岩井です!

テーブルセッティング・コーディネートの技術と 展示陳列の知識を組み合わせた
「想いがつたわるディスプレイ」をご提案して活動しています。


私の住む街でも、春には百貨店が新装オープンが予定されており、どんな店が入るのだろう、
どんな物が販売されるのだろうと、街ゆく人々の間では話題になっています。
その話題になると皆 笑顔になり、ワクワクされている様子が見て取れます。

お店に携わる方も、お客様も 新規、新装、という言葉がつくと
何かしらの期待に満ちあふれるものなのですが
オープンして数ヶ月もすると そのお店は「当たり前にそこに存在するもの」となり
ワクワク感が目減りしていきます。


では いつまでも新鮮な気持ちで訪問してもらうには どうしたら良いのでしょう?


新しい商品を仕入れる?
流行を追いかける?



それでは在庫が増えるばかりですし
売れ筋の商品だけが 一時的に伸びるだけ。



それよりも 既存の商品をディスプレイによって 目に留めて貰うことが重要です。


常に新しい提案があるディスプレイは お客様にとってワンダーランド。
いつきても 新しい!
定期的に行きたくなる!

そんな場所にしませんか?






人は楽しい時、ワクワクした時、高揚感を持ったときに購買意欲があがります。
その仕掛作りを学び、効果を持続できるようになってもらえる為のセミナーや
アドバイスを行っています。

すでにインテリアやテーブルなどのコーディネートを学んでいる方には
ディスプレイ=展示・陳列のノウハウを習得することでスキルアップになりますよ。

新しい季節にむけて、一歩踏み出してみませんか?

この記事を書いたプロ

岩井道

顧客を惹きつけるディスプレイとテーブルコーディネートのプロ

岩井道(Style Green)

Share

コラムのテーマ一覧

岩井道プロへの
お問い合わせ

岩井道

Style Green

担当岩井道(いわいみち)

地図・アクセス

岩井道プロのコンテンツ