まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
三谷文夫

労使ともに幸せになるための労務管理のプロ

三谷文夫(みたにふみお)

三谷社会保険労務士事務所

コラム

うつ病から復職してきた部下を飲み会に誘ってよいのか?

労務管理

2016年9月8日

ある日部下がうつ病から復職してきました。

その会社では昔ながらの飲みニケーションが盛んな職場でした。
上司や同僚はせっかく戻ってきたから歓迎会をしないとと考えました。

ただその中の一人が、復職すぐの人はアルコールはダメと聞いたのですがと相談に来られました。

うつ病をはじめとする、メンタル疾患の治療では薬が使われることが多いです。
薬とアルコールの併用が駄目なことは、何もメンタル疾患のくすりに限ったことではありません。
風邪薬でもアルコールはダメと医師から言われたことがあると思います。
アルコールと薬を併用すると、効果が倍増したり、半減したり意図しない効果になってしまう恐れがあるのです。

では、ノンアルコールならよいのか?

アルコールと薬のお話をすると、「では、ノンアルコールビールとかならよいのか?」と質問を受けるときがあります。
理論上は可能ですが、アルコールだけでなく、一人だけ酔っていない、そのような状況を負担に感じないか、
また勤務時間外を拘束することに関して、疲労が蓄積していないかという点で検討が必要です。

ランチミーティングがベター

せっかくなので、どうしても歓迎会をやりたいときには、ランチミーティングをお勧めしています。
ランチですとアルコールの心配もなく時間的にも制約があります。
本人のプレッシャーにならない範囲で、戻ってきてくれてうれしいという気持ちが伝わるのであればよいでしょう。

いずれにせよ大切なのは、職場で役に立っているという感覚をもってもらうことです。
うつ病などからの復職者は、罪悪感や何か自分が役に立っていないという感覚と戦っています。
受け入れ側の人も、過度に気を使いすぎないのがよいでしょう。

★経営者と従業員がともにハッピーな会社作りをサポートします★
三谷社会保険労務士事務所

この記事を書いたプロ

三谷文夫

三谷文夫(みたにふみお)

三谷文夫プロのその他のコンテンツ

Share

三谷文夫のソーシャルメディア

facebook
Facebook

三谷文夫プロのその他のコンテンツ