まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
三谷文夫

労使ともに幸せになるための労務管理のプロ

三谷文夫(みたにふみお)

三谷社会保険労務士事務所

コラム

なぜ休職者の対応が後手後手になるのか。

労務管理

2016年6月10日

多くの企業でメンタルヘルス不調でお休みになる方が出るときは、対応が後手後手になってしまいます。
相談を受けると、もっと早くこうしておけばよかったのに等という例はとてもたくさんあります。

では、どうして後手後手になってしまうのでしょうか?

その理由として、管理職がメンタルヘルス対策への理解が少ないことが挙げられます。
管理職は、職場の要です。この管理職がうまく機能していないと職場の生産性は高くなりません。

これは、メンタルヘルス対策に限ったことではありません。
日常のマネジメントにも通じることです。

では、特に管理職に上手くメンタルヘルス対策をさせるためにはどうしていけばよいでしょうか?

一般的には、管理職研修をしましょうとなるのですが、
おすすめは、
「人事へ連絡する際の客観的な基準を定める」。

つまり、

何か様子がおかしいときは人事へ連絡を

ではなく、

「遅刻をしたら」とか、「1週間に2日以上有給取得した際」は、人事に連絡を

と社内ルールを設定し、運用していくのです。

上記客観的なルールを定めることにより、
管理職からすると何か難しいメンタルヘルス対策ではなく、通常の勤怠管理に変わっていきます。

このように社内ルールを客観的な数値で定めることにより、不調者の早期発見をすることができるようになります。
メンタルヘルス対策は、難しいものではありません。
少しの工夫と継続し続けることで不調者を減らることはもちろん、組織を活性化させ業績を向上することができます。

★経営者と従業員がともにハッピーな会社作りをサポートします★
三谷社会保険労務士事務所

この記事を書いたプロ

三谷文夫

三谷文夫(みたにふみお)

三谷文夫プロのその他のコンテンツ

Share

三谷文夫プロのその他のコンテンツ