マイベストプロ神戸
糟谷琉仁

輸入壁紙を使ったインテリア提案のプロ

糟谷琉仁(かすたにりゅうじん)

株式会社スターマムブリッジ

コラム

輸入住宅のキッチンシンクは取替えできます!

2019年7月20日 公開 / 2019年8月6日更新

テーマ:リフォーム

輸入住宅メーカーで注文建築されたT様。

建築から10年以上経ち
オーダーメイドキッチンのシンクと水栓の
交換を希望されていました。

いろいろな業者さんに相談の結果
口を揃えてシンクだけの交換は不可とのこと。

キッチンまるごと取替えの提案されたT様ご夫婦。

扉は使えば使うほど
いい雰囲気になるパイン材に
天板のタイル仕上は奥様のお気に入り
とても愛着あるキッチン。。

仕方なくキッチン取替えを決めかけていたその時!

弊社シェーカーキッチンブースの前で
足を止められました。

そこにはT様がお使いの陶器のような
真っ白なシンクと同じ輸入シンクが。

T様の第一声が「シンクの交換って無理ですよね?」

私「できますよ!」

T様「え、できるの。」 私「ハイ!」

今までの経緯をおうかがいし、早速ご訪問。

American Standard
シングルレバーがとても可愛い
American Standardのシンクと水栓。

各業者さまができないと断った理由を
いろいろ考えました。

1.現在「American Standard」のシンクが日本に無い。
2.輸入シンクや水栓の取り扱いをしたことが無い。
3.面倒なわりに利益が少ない。

こんなところでしょうか。(あくまでも私見です。)

サイズを測るとアメリカのKOHLER社のもので
対応可能だと判断しお見積り。

T様からGOサインをいただきシンクと水栓を
ネットで注文。

輸入シンク交換工事
所要時間:約1時間

<施工前>
American Standard

<施工後>
KOHLER のシンク

水栓はシャワーホース式のものを選択。
KOHLER の水栓
海外水栓は丸みがあり
エレガントな曲線が素敵です。

T様からは「200万仕事だと思っていたのに
 約10分の1の予算で済みました。」
「何よりこのキッチンが
  まだまだ使えるのが嬉しい!」と。

海外設備を「壊れやすい」や「メンテが難しい」
と言う業者さんは多くいらっしゃいますが

海外メーカーの方が歴史も古く構造が単純なので
初期不良以外は、日本の物のほうが繊細で
複雑に感じます。(※あくまで私見。)

もちろん日本の設備機器も
多機能で優れています。

美的センスは人それぞれなのでお客様のご希望を
第一に弊社は海外、国内メーカー問わず全力で
がんばります。。

<余談>
長野県にキッチン工事に行った時の事

地元の工務店さん「この水栓は寒冷地仕様?」

工務店さん「冬は雪が積もるからね。」

私「念のためメーカーに確認いたします。」

海外メーカー「寒冷地仕様?」

「長野がどれだけ寒いかわかりませんが

  世界中で販売されている商品です。

  例えばそちらは、ロシアより寒くなりますか?」

私「なるほど。。」

世界は広いですね。

他社様で不可と言われた工事内容
是非、お気軽にご相談くださいませ。

経験豊富なスタッフが全力で対応いたします!

<シェーカーキッチン神戸ショールーム>
リフォーム & リノベーション
株式会社スターマムブリッジ
〒651-0086
兵庫県神戸市中央区磯上通8-1-13 建信ビル3階
(TEL) 078-891-4870 (FAX) 078-891-4877
(E-MAIL)    info@s-m-b.jp 
(URL)      http://www.s-m-b.jp/
(facebook)  https://www.facebook.com/smb.kobe

<シェーカーキッチンHDC神戸ショールーム>
ハウジング・デザイン・センター神戸
3階コンフォートハウスプラザ
詳しくはコチラまで。

この記事を書いたプロ

糟谷琉仁

輸入壁紙を使ったインテリア提案のプロ

糟谷琉仁(株式会社スターマムブリッジ)

Share
関連するコラム

糟谷琉仁プロのコンテンツ