まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
礒野由紀

穏やかな「時住空間」を作る整理収納のプロ

礒野由紀(いそのゆき)

加古川整理収納サービス「シンプルスペース」

お電話での
お問い合わせ
090-3709-8599

コラム

①【年齢別子ども部屋の作り方】小学校低学年は居間を勉強スペースに

お片付けのコツ

2017年2月1日

居間やダイニングキッチンが中心に

小学校の低学年、中学年辺りは、まだ家族と過すことが多いもの。

自分の勉強部屋があっても、そこはベッドルームとして活用されているご家庭も多いのではないでしょうか。

宿題や読書などは居間やダイニングキッチンでという子どもも多いようです。

居間やダイニングキッチンであれば、ママの目が届く場所。

何をしているか、子どもの様子などがよくわかり安心ですね。

またコミュニケーションも取りやすいので、学校でのこと、宿題など、聞いたり見てあげることも。ママが近くで見守っていたら、ゲームのやり過ぎやテレビも見過ぎなども防げそうですね。

子ども部屋は親の目が届くゾーンに

 もし、小学校低学年頃のお子さまに子ども部屋を作るなら、親の目が届くゾーンに設けるのがおすすめです。
たとえば、居間やダイニングキッチンなどの近くの部屋など、

家族の気配が感じられる場所であれば、子どもにとっても安心。

自分の部屋にいることで落ち着くこともできます。

また自分の部屋を持つことで子どもの自立心を促すともいわれています。

部屋の片付けや家具の配置など、自分で管理できる自由な空間も子どもの成長にとっては大事なもの。

親が見守りつつ、自立心を伸ばしてあげられる方向へ導いてあげられるといいですね。

また、部屋の作りについては小学校低学年のうちはそれほどこだわる必要がないといいます。

基本は家族と過し、部屋は寝ることをポイントにおくという作りでも大丈夫。

子ども部屋は子どもの自立心を促すというメリットもありますが、子ども部屋に機能を備えてしまうと、子どもが引きこもり家族とのコミュニケーションがおろそかになることも。
あまり小さいうちから部屋を与えず、子ども自身が「部屋がほしい」と言い出してから用意するのでも遅くありません。

それまではしっかり家族のコミュニケーションを深められる空間で子どもを見守ってあげてくださいね。


整理収納ご訪問作業のご依頼

初回は
初回ヒアリングになります

※お客様のご希望をお聴きしながら
モノの量の確認・収納スペースの確認・実寸・お見積り提出・ご契約・
作業日ご相談等

ご訪問作業の流れ
http://ameblo.jp/remember-0115/entry-11819121524.html

お客様のお声
http://ameblo.jp/remember-0115/themeentrylist-10071862522.html

料金
http://ameblo.jp/remember-0115/entry-12241901845.html

ご訪問エリア&出張料金
http://ameblo.jp/remember-0115/entry-12019834356.html

お申込みフォーム
http://form1.fc2.com/form/?id=860950

年間ご依頼実績250件のISONOが

10人10色の整理収納術で

楽家事創らせて頂きます

シンプルスペースのアシスタントは

全員整理収納AD1級所持者です

加古川整理収納サービス
シンプルスペース
代表 礒野由紀
090-3709-8599
simple-space@iris.eonet.ne.jp

穏やかな時住空間を創るプロとして
神戸新聞社主催マイベストプロ神戸で
ご紹介されています

この記事を書いたプロ

礒野由紀

礒野由紀(いそのゆき)

礒野由紀プロのその他のコンテンツ

Share