まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
sakuraco

タイ伝統療法で心と体を整え美と健康をサポートするプロ

sakuraco(さくらこ)

タイ伝統療法スクール さくら美和~SAKURABIYORI~

コラム

【実体験からの学び】ヒップアップ

【痩せたい!】

2018年2月10日

お尻の形…《美尻》という言葉を目にするようになりお尻の形を気にしている女性は多いと思いますが、女性に限らず男性もお尻の形を気にしてほしいところ。プリっと上がったお尻は素敵だと思います。
最近、お尻に注目が集まり 『ヒップアップ専門』のジムができたりしていますよね。トレーナーさんに指導してもらい筋トレをしているTV番組のコーナーで紹介されたりしていますが、専門のジムに通うのも大変と言えば大変。そこで自宅でできるヒップアップ方法とジム通いしている方へもう一つ先の美尻を目指していただきたいというお話です。

【実体験からの学び】適度な運動は必要だけど…

ヒップアップのポイントは《お尻の筋肉》を鍛えて筋肉自体を大きくしてあげることが必要です。ですが!!タイ伝統療法的な見方をすると、『鍛えるだけではトレーニングができなくなってしまうと垂れ下がってしまう』可能性があるな。と思います。
それは、筋肉を鍛えて大きくしても《筋肉の質》が硬くなりすぎてしまい血行が悪くなってしまうから。 なのです。

カチカチに硬くした筋肉は盛り上がって大きく見えますが、刺激がなくなるとすぐに小さくなってしまいます。原因は筋肉の中の血行が悪くなってしまい硬い塊になってしまっているということ。
硬すぎると柔軟性がなくなり冷えやすくなってしまうのです。この柔軟性が無い、冷えているということは体にとってあまり良くありません。そしてなんと言ってもお尻の形がゴツグツしてしまう可能性が!

以前、私は太もも〜お尻にかけて鍛えて細くする目標を立ててとあるトレーニング方法を実践していました。叫びながら時には涙がでるほどの筋トレをするのですが、3ヶ月経ってもなかなか細くなってはくれないし、なんとなく太くなってるかな?と。形が良くなり大きくなるのはいいのですがそうではない《太い》という感覚。このまま続けていいのかな?という疑問もその時のトレーナーさんに伝えながらも「こういうものですよ」の言葉を信じていたというか、疑うことを知らずに続けていました。
そのトレーニングの合間にマッサージの勉強のためタイの本校戻ったところ…先生に「なんでこんな体になってるの?」とびっくりされたというか【半年前の体と全然違うじゃないの!!】と怒られました。

硬いだけで冷えてるし太くなっただけじゃないの! と。 30度超えのチェンマイにいるのに下半身は冷えているという良くない状態だったのです。

3ヶ月間毎週3回、お金と時間をかけて鍛えて細くしようとしていたのに、結果は…【無駄に太くしただけ】確かに履いていたデニムやスポーツウェアの太もも〜お尻にかけてキツく感じてきたな〜という感覚があったのですが、無知だったのでそんなものなのかな?という軽い気持ちでいました。それより、ヒップアップ成功してる〜と喜んでもいたのです。

【実体験からの学び】運動の後ケアが最重要!

思い返せば、筋トレのトレーニングの後、トレーナーさんに【軽いストレッチ】はしてもらってはいたのですが、運動量に対して必要なストレッチができていなかったのです。それで筋肉全体が硬くなり血行が悪くなって疲労物質&老廃物で筋肉がパンパンになっていたのです。
血行が悪いということは、筋肉の中のお掃除が全くできていないということになりますので筋肉の中は【ゴミが溜まってしまっている】状態。もちろんゴミが溜まりすぎるとそのゴミを排出するための排水管にもなる血管も圧迫され血行が悪くなるので悪循環でした。鍛えるというトレーニングだけを考えていて他のことを全く考えていなかったのです。

そんな最悪な下半身の私は、スクールではタイ古式マッサージのセラピスト講座の手技を勉強しつつ、夜はマッサージ店に通うことをほぼ毎日繰り返したところ、カチカチの太ももとお尻が…1週間もしないうちに、トレーニング開始する前とは比べものにならないほど温かくなってそして細くなりお尻の高さも上がったのです。

タイ古式マッサージの中でも、北タイで学ぶ手技はストレッチ技が多いのでガチガチな筋肉の私には最適でした。
筋肉を柔らかくして血行を良くするマッサージを毎日続けたことで、溜め込んだ老廃物を体の外へ排出するという筋肉の中のお掃除ができたという事実。綺麗になった筋肉は弾力を取り戻し、細く綺麗な形になったのです。

スクール3週間目には太ももからお尻にかけての筋肉のゴリゴリはなくなり、柔軟性も増し脚が浮腫んだり疲れが取れないということは無くなりました。
今まで頑張ってしていた細くするための筋肉トレーニングをしなくなったのにトレーニングを始める前より細くなったという事実。これは運動した後のクールダウンという時間が実はとても大切で、体の中に疲労物質や老廃物を溜め込まないためにも、しっかりとケアをすることが重要だったということだと実感しました。



そのケア方法は、別のコラムで。

個人レッスン

随時受付中お問い合わせください

ラジオ出演

毎月最終月曜日13時より
ラジオ関西 AM558
谷五郎のこころに聞くラジオ
【ひとりでも仙人体操】出演

講座情報

講座情報 随時更新中
Facebookページ

この記事を書いたプロ

sakuracoプロのその他のコンテンツ

Share