まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
sakuraco

タイ伝統療法で心と体を整え美と健康をサポートするプロ

sakuraco(さくらこ)

タイ伝統療法スクール さくら美和~SAKURABIYORI~

コラム

股関節が硬い…ストレッチのその前に!可動域を広げるポイントマッサージ

【股関節】

2017年9月29日

無理して動かそうとすると痛いです よね?

当店のレッスンに来られる方で「股関節が硬くて〜」と股関節の硬さのお悩みを抱えているお客様は腰痛、肩こりに次いで多く聞きます。股関節を広げて綺麗な開脚をしたい。もっと柔軟な股関節になりたい etc
女性の場合、股関節が硬いと体が冷えやすかったり、疲れがとれにくかったりと様々な症状を感じている方が多いです。

では、レッスンに通っていきなり動かして柔らかくなるか?と聞かれると、動かせば柔らかくなるのは確実だけど、でも、痛い思いをしてまで動かす必要があるかな?と。動かないのであれば、動くように体に合図を送ってあげればいいじゃない!と私は考えます。

股関節を柔らかくする 緩める にはどうすればいい?

私のレッスンでは、まず初めに…足の裏全体を揉みます。どこをどうするというのではなく、とにかく触る。足裏が柔らかくなると自然に脚の筋肉も柔らかくなりやすいのです。
足裏を揉んだ後、足の甲のポイントを押さえます。
この写真は私がレッスン中で使っている足の反射区図表なのですが、押すポイントは【1】のところになります。実際の足だと
この黒い丸の部分になります。前脛骨筋の真横になります。足首と足の甲の境目のくぼんでいるところです。痛みが出ない程度にぐりぐりすると、股関節が硬く凝り固まっていると押しているポイントの真ん中あたりが太く硬い《前脛腓靭帯》に触れます。股関節の柔軟さがあると前脛腓靭帯は細く弾力があります。凝り固まり具合で太さと弾力が違います。この太さをタコ糸くらいの太さに戻してあげると《股関節が柔らかくなっている》のです。
そして写真の矢印のように黒丸から指先に向かってのマッサージを追加。ザリザリしたり、プチプチと音や感触がある場合は足の甲が浮腫んでいるケースが多いです。

股関節から一番離れた足をマッサージすることで、脚全体の筋肉が緩みやすくなり、ストレッチがしやすくなるのです。この脚の筋肉を緩めることで、脚痩せ、下半身痩せ効果や、腰痛などの改善につながります。
股関節を動かす前に、しっかりと準備体操的に刺激を入れることで素直に筋肉が動くようになり開脚で必要な可動域も作ることができます。気持ち良く股関節のストレッチができる足マッサージですので、試してください!

個人レッスン

随時受付中お問い合わせください

ラジオ出演

毎月最終月曜日13時より
ラジオ関西 AM558
谷五郎のこころに聞くラジオ
【ひとりでも仙人体操】出演

講座情報

講座情報 随時更新中
Facebookページ

この記事を書いたプロ

sakuracoプロのその他のコンテンツ

Share