まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
浅井知彦

素材を生かした自然派住宅のプロ

浅井知彦(あさいともひこ)

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所

お電話での
お問い合わせ
078-862-9386

浅井知彦プロのご紹介

かっこいいには必然がある。技術系建築士の家づくり(3/3)

木枠サッシなど素材感が光る屋内。太陽光と風が入るように計算されて設計されている。コストパフォーマンスも重視し、低価格で品質のよい既製品も上手に活用

家をつくるのは人。顧客と建築現場での対話を重視し、よりよい住まいに

 家は一生に一度の大きな買い物と言われているだけに、望む夢も多いでしょう。たとえば、憧れのヒノキ風呂。しかし、温泉旅館のように毎日掃除ができなければ、早く劣化するといった落とし穴があります。「夢が憧れなのか、現実的なのか見極めるのも仕事ですね。お客さまとの対話を大切にしながら、先々のことを予測してときには耳の痛いことを指摘するのも建築士の仕事だと思います。とはいえ、海外のリゾートホテルのようなバスタブ、別荘のようなリビングに暖炉をはじめ、メンテナンスに手が掛かるけど、夢のあるもの。そのデメリットを承知したうえでの夢は、ぜひ叶えたいですね」

 また、顧客同様に重視しているが、現場監督との対話。「家のできの良し悪しは、現場監督の技量だと思います。設計は建築士ですが、仕上がりは監督の職人技だからです。だから、頻繁に現場へ行ってチェックをすると同時に、現場監督ともしっかり話し合っています」。現場監督の長年の経験から、机上では予想できなかったことを指摘してもらえることもあるそうです。

 浅井さんは今後、山小屋や海沿いの別荘など、環境条件や住環境が厳しい場所での設計にも取り組みたいそう。「自然環境の厳しいところでの建築は、素材劣化を長年研究してきた技術者冥利に尽きる仕事ですから」と。そんな技術者ならではの目線と矜持を持って、これからもよりよい家づくりを提案してくれるでしょう。

(2011年9月 現在)

3

浅井知彦プロのその他のコンテンツ

Share

浅井知彦プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-862-9386

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浅井知彦

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所

担当浅井知彦(あさいともひこ)

地図・アクセス

浅井知彦プロのその他のコンテンツ