まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
中島毅二

暮らし向上型リフォームのプロ

中島毅二(なかじまたけじ)

株式会社ライフデザイン

お電話での
お問い合わせ
078-220-4351

コラム

階段下スペースの活用アイデア

階段下の有効活用

2017年6月19日 / 2017年9月7日更新

2階建てや3階建てなど複層階の住宅では、階段スペースをどう活用するかが家の利便性に大きく影響してきます。

階段下を収納にしたり、パソコン作業ができるワークスペースにしたりするほか、子どものために秘密基地のような小部屋を作ったり、大人のためのバーコーナーにするなど、アイデア次第で空間の使い方はぐんと広がります。

今回ご紹介する例をヒントに、ご家族のライフスタイルに合わせて有効に活用していただきたいと思います。

可能性を秘めた階段下を有効に活用

みなさんのご自宅の階段下は、どうなっていますか?活用されていますか?
階段下がデッドスペースになっているなら、それほどもったいないことはありません。

階段下のスペースは、書斎にしたりリラックススペースにしたり、アイデア次第で生活に彩りを与えてくれる空間になります。

限られた空間を有効に活用するためにも、階段下のスペースに注目してみてください。

階段下を収納スペースに

まず、階段下を収納スペースにする活用方法からご説明していきましょう。

階段の一段一段を引き出しとして使用する方法があります。階段の正面から引き出すタイプで、玄関の近くに設置された階段であれば、靴箱として使うことができます。
同じように引き出しを作る場合でも、階段の正面ではなく横から出し入れできるようにすると、タンスのような使い方をすることができます。洗面・脱衣室&バスルームに近い場所であれば、タオルやパジャマなどをしまっておくスペースとして利用できます。

また、階段下に開き戸をつけてコートクロークにする方法もあります。玄関近くであれば、レインコートや防寒着などのアウターを掛けておくスペースになるので外出の際に便利です。

靴や衣類を収納するだけでなく、階段下を納戸にすることもできます。掃除機やモップといった掃除道具のほか、トイレットペーパーや各種洗剤のストック置き場にするほか、サッカーボールやテニスラケットといった子どものスポーツグッズをしまう場所としても有効です。

ほかに、階段下にトイレを設けるといった設計プランもあります。

階段下の収納は、隠すパターンと見せる収納も!

ここからは、リビング階段の場合について見ていきましょう。

階段下にオープンタイプの棚を設け、書棚にしたり、お気に入りのインテリアを飾る「見せる収納」スペースにするとリビングに彩りが生まれます。
また、オーディオ棚を設けて、テレビや音響機器を置くスペースにするのもおすすめです。

他にも、階段下をワインセラーやパントリー(食品庫)にすることもできます。

また、階段下のスペースが広い場合は、その下にキッチンを設けることも可能です。

階段下に隠れた、もうひとつの部屋

では、リビング階段の下を居住空間として活用する方法をご紹介しましょう。階段下というデッドスペースこそ、ちょっとしたミニ書斎にぴったりです。
コンパクトタイプのデスクと椅子を置き、照明を付けるだけで素敵な空間ができます。

お母さんのワークスペースにしてもいいですし、パソコンを置いて家族で共有できるパソコンスペースにするのもおすすめです。

また、階段下に壁を設けて小部屋風にすると、お子さんの秘密基地のような遊びスペースにすることもできます。おもちゃ箱もここに置いておけば、リビングのあちこちにおもちゃが散らかることもなくなるでしょう。

壁を設けなくても、オープンスペースのままお子さんの遊び場にするアイデアもあります。壁にブラックボードを設けて、お子さんが自由にお絵描きなどを楽しめるようにしておくのも素敵です。

階段下の広さにもよりますが、リビングのソファセットとは別に長椅子を置いて休憩コーナーとして活用する方法はいかがでしょう? 
イスなどを置かずに、畳を敷くのもおすすめです。
階段下という少し狭い空間は「こもり感」があるのでお昼寝にちょうどいいかもしれません。

犬などのペットがいる場合は、ワンちゃんの家としてゲージスペースに仕上げることもできます。

バーコーナーや坪庭として利用するのも

面白い活用法として、リビング階段であればその下にバーコーナーを作るといった案もあります。壁際にお酒を置く棚を作り、手前にカウンターを置くと大人の空間に仕上がります。

また、空間をぜいたくに使う例として、廊下にある階段下に坪庭を設けるというのもおしゃれです。砂利を敷いてその上に盆栽を置いたり、小ぶりの庭石を配したり、和の庭造りを楽しめます。小さな灯篭と獅子おどしを置くなど、坪庭のアイデアはバリエーションが豊かで、それぞれのご家庭の雰囲気に合わせて楽しむことができます。
生け花が趣味であれば、お花を生けて飾れるスペースとして床の間のように床を一段高くしつらえ、お花が映えるようにさり気なく照明を配するのもいいでしょう。
和風だけでなく、ウッドチップの上にグリーンなどを合わせると洋風の坪庭になります。

また、玄関からつながる土間空間を設けて、階段下を趣味のロードバイクやサーフボード、釣道具などを飾っておくスペースにするのもおすすめです。

いかがでしょう? 階段下もアイデア次第でいろんな表情を見せてくれますのでぜひ、参考にしてみてください。

◆関連コラム◆
階段下に収納スペースを設ける場合の注意点

この記事を書いたプロ

中島毅二

中島毅二(なかじまたけじ)

中島毅二プロのその他のコンテンツ

Share

中島毅二プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-220-4351

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中島毅二

株式会社ライフデザイン

担当中島毅二(なかじまたけじ)

地図・アクセス

中島毅二プロのその他のコンテンツ