まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
藤本尚道

職人かたぎの法律のプロ

藤本尚道(ふじもとまさみち)

「藤本尚道法律事務所」

コラム

白鵬があぶない(1)

ニュースの読み方

2018年1月15日

 昨日(1月14日)大相撲の初場所が初日を迎えた。横綱・白鵬は立ち合いでの張り手やかち上げを「封印」し、右肩から当たって受ける堂々の「横綱相撲」となった。白鵬は小結・阿武咲の出足に押されて後退したものの、俵に足が掛かったところでうまく回り込み、土俵際の「突き落とし」で逆転勝ちした。土俵際に押し込まれたことを「危なかった」と評する声もあるが、スロービデオで良く見ると、白鵬の「突き落とし」が鮮やかに決まっており、むしろ「余裕」さえ感じられる。

 横綱審議委員会の北村正任委員長は、張り手(張り差し)・かち上げのない立ち合いに安堵した旨のコメントを出していたが、白鵬のこれまでの「横綱らしからぬ立ち合い」を苦々しく感じていた多くの相撲ファンも、きっと北村委員長と「同じ思い」だったに違いない。

 ただ、評議員会の池坊保子議長は「お考え」が違うようだ。議長は場所前に「張り手はルールで認められているのに、それが駄目だというなら協会が張り手を禁止すればよい」という趣旨のコメントを出している。まあ、それもひとつの「見識」かも知れない。「横綱らしく、受けて立つ相撲を!」と願う相撲ファンもいれば、「ともかく勝てばよい」と考えるヒトがいても不思議ではないからだ。前者の立場からは「相撲道における横綱の品格」なんぞも重視されるだろうが、後者の立場からは「相撲は格闘技なんだからともかく勝てばよい」ということになるのだろう。

 私個人は、貴乃花親方のシンパであり、もちろん「相撲道」や「横綱の品格」を大切にして戴きたいと願うひとりである。大相撲がただの「格闘技」に貶められるのは、あまりにも悲しいと感じてしまう。まあ、池坊議長はその辺りをあまり深くお考えではないようだが…。

兵庫県弁護士会/神戸市中央区/藤本尚道法律事務所
職人かたぎの法律のプロ、弁護士藤本尚道です!
http://mbp-kobe.com/lawyer-fujimoto/

この記事を書いたプロ

藤本尚道

藤本尚道(ふじもとまさみち)

藤本尚道プロのその他のコンテンツ

Share

藤本尚道プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-351-3661

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤本尚道

「藤本尚道法律事務所」

担当藤本尚道(ふじもとまさみち)

地図・アクセス

藤本尚道のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-05-26
rss
通りがかりの弁護士のブログ
2016-02-29

藤本尚道のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-05-26
rss
通りがかりの弁護士のブログ
2016-02-29

藤本尚道プロのその他のコンテンツ