まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
藤本尚道

職人かたぎの法律のプロ

藤本尚道(ふじもとまさみち)

「藤本尚道法律事務所」

コラム

選挙報道に想う

ニュースの読み方

2013年10月20日

 今朝の神戸新聞の第一面に、神戸市長選の情勢が掲載されていました。「○○候補が市内全域でリードし、△△候補が激しく追い上げる」との趣旨で、神戸新聞が実施した電話世論調査を前提にするものです。もちろん、この記事には「全体の5割が態度を決めておらず、情勢が変化する可能性もある」と追記されていましたけれど。

 私は、かねがね選挙期間中のこういったマスコミ報道には疑問を持っています。マスコミ報道が、選挙民の投票行動に少なからず影響を及ぼすのではないか…との危惧感を抱くわけです。たとえば、特定候補の優位が伝えられると、ある人は「もう決まりだから、選挙に行かなくてもいいだろう」と考えるかも知れませんし、別の人は「自分が投票すれば、情勢が変わるかも」と考えて投票所に足を運ぶきっかけにするかも知れません。

 絶対的に優位…など報道されたため、緊張感がゆるんで終盤戦で対立候補の追い上げに惜敗した例もありますし、優位報道がそのまま強い「追い風」となって見事に逃げ切った例もあります。好むと好まざるとにかかわらず、マスコミ報道が起こしてしまう「風」がどちらを向くか…なのですが。私には、選挙戦の報道がまるで「競馬のオッズ」の発表のように感じられてならないのです。投票前から選挙戦の行く末を見通してしまうような報道には、下手をすると「世論調査」ならぬ「世論操作」の匂いすらしてしまいます。

 一番驚くのは、投票日に投票が締め切られた直後、「開票率0%」であるのに、「当選確実」のテレビ報道がなされることです。事前の「世論調査」と当日の「出口調査」をもとにした「当確」報道ですが、これも何か味気ないなぁ…などと感じるのは私だけでしょうか。

兵庫県弁護士会/神戸市中央区/藤本尚道法律事務所
職人かたぎの法律のプロ、弁護士藤本尚道です!
http://mbp-kobe.com/lawyer-fujimoto/

この記事を書いたプロ

藤本尚道

藤本尚道(ふじもとまさみち)

藤本尚道プロのその他のコンテンツ

Share

藤本尚道プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-351-3661

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤本尚道

「藤本尚道法律事務所」

担当藤本尚道(ふじもとまさみち)

地図・アクセス

藤本尚道のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-05-26
rss
通りがかりの弁護士のブログ
2016-02-29

藤本尚道のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-05-26
rss
通りがかりの弁護士のブログ
2016-02-29

藤本尚道プロのその他のコンテンツ