まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
藤本尚道

職人かたぎの法律のプロ

藤本尚道(ふじもとまさみち)

「藤本尚道法律事務所」

コラム

「ドアが閉まります」があぶない

ご用心ください!

2013年7月13日

 最近、JR神戸線など関西では「ドアを閉めます」とアナウンスされることが多いようです。そもそも「ドア」は車掌さんが閉めるものなのに、従来型の「ドアが閉まります」のアナウンスでは、「ドア」が車掌さんの意思を離れて勝手に閉まるようなイメージを受けます。

 そういえば、私、恥ずかしながら、先週、東京で京浜東北線の電車のドアにはさまれたんです(涙)。ホームに人があふれてて乗り込むのに手間取っていると、「ドアが閉まります」のアナウンスとともに非情にもドアが閉められ、上半身をはさまれました。ただ、足がまだホームに残っていたので、無理に乗り込むより身を引く方が安全と思い、咄嗟に上半身を引き抜いて事なきを得ましたが。

 隣のドアでは、私とは逆に、足が浮いた男性の下半身がドアの外に出ている状態で、その男性は、なんとか電車の中に両足を入れようと必死で頑張っていました。この間約30秒ほど、車掌さんは一顧だにせず、けっしてドアを開けようとはしません。少なくとも関西ではそんな光景にお目に掛かったことがないので、驚くと言うより、マジであきれてしまいました。

 もしかしたら、「生き馬の目を抜く東京」(もはや死語?)では、こんなことは日常茶飯事なのかも知れません。「ドアを閉めます」というアナウンスには「自分がドアを閉める」という「意思」とともに「責任」の所在を感じますが、「ドアが閉まります」というアナウンスには「ドア閉まっちゃうけど、知らないよ」という「傍観者」然とした「無責任」さを感じてしまいます。まるで、はさまれた人が悪いんだよ…と言うかのように。

 ただ、関西は東京と違って「駆け込み乗車」が多いですからね。悠長に「ドアが閉まります」などとは言っておれず、「断固として閉めますからね!」という意思の強さを表すため、あえて「ドアを閉めます」というアナウンスに変えたのかも知れません(笑)。

兵庫県弁護士会/神戸市中央区/藤本尚道法律事務所
職人かたぎの法律のプロ、弁護士藤本尚道です!
http://mbp-kobe.com/lawyer-fujimoto/

この記事を書いたプロ

藤本尚道

藤本尚道(ふじもとまさみち)

藤本尚道プロのその他のコンテンツ

Share

藤本尚道プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-351-3661

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤本尚道

「藤本尚道法律事務所」

担当藤本尚道(ふじもとまさみち)

地図・アクセス

藤本尚道のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-05-26
rss
通りがかりの弁護士のブログ
2016-02-29

藤本尚道のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-05-26
rss
通りがかりの弁護士のブログ
2016-02-29

藤本尚道プロのその他のコンテンツ