まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
藤本尚道

職人かたぎの法律のプロ

藤本尚道(ふじもとまさみち)

「藤本尚道法律事務所」

コラム

タバコ1本があぶない

ニュースの読み方

2012年8月1日

 大阪市営地下鉄の回送電車内で喫煙した…として、運転士が「停職1年」の懲戒処分を受けたニュースは、皆さんの記憶にも新しいと思います。このほど、この運転士が「停職1年の懲戒処分は重すぎる」として、懲戒処分の取消しを求める訴訟を提起する方針を固めたことが報道されています。

 この運転士は、今年(平成24年)6月20日に、大阪市営地下鉄「千日前線」で信号待ちをしていた回送電車の運転席でタバコを1本吸ったことを理由に、7月17日付で懲戒処分を受けました。この「停職1年」というのは、「懲戒免職」の次に重い処分だと言われています。

 大阪市営地下鉄では、この2月に「梅田駅」で清掃業者従業員のタバコの不始末を原因とする火災が起きたにもかかわらず、4月には「本町駅」の駅長室で助役がタバコ1本を吸ったことで火災報知機を作動させ、上下4本の電車が最大1分遅れ、約千人に影響する失態を演じています。喫煙した助役は「停職3か月」の懲戒処分を受けました。

 この「喫煙助役」について、橋下徹市長は当初、「懲戒免職」をも含めた厳重処分を指示していたほどであり、勤務中の喫煙を禁止する「職務命令」を出し、命令違反には厳しい処分で臨む考えを示していました。運転士は、この「職務命令」を無視して、こともあろうに電車の中で喫煙したわけです。ちょっと「挑戦的」ですよね?

 同じタバコ1本で、助役が3か月なのに、運転士が1年は重すぎる…とも考えられます。しかし、職務命令が出たのは「喫煙助役」後のことです。大阪市の立場からは「再発防止に取り組んでいる最中に、あえて職務命令違反を犯したもので、大阪市交通局の信用を失墜させた責任は大きいから、厳重処分もやむを得ない」ということになるのでしょう。

 さて、裁判の行方は…?

兵庫県弁護士会/神戸市中央区/藤本尚道法律事務所
職人かたぎの法律のプロ、弁護士藤本尚道です!
http://mbp-kobe.com/lawyer-fujimoto/

この記事を書いたプロ

藤本尚道

藤本尚道(ふじもとまさみち)

藤本尚道プロのその他のコンテンツ

Share

藤本尚道プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-351-3661

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤本尚道

「藤本尚道法律事務所」

担当藤本尚道(ふじもとまさみち)

地図・アクセス

藤本尚道のソーシャルメディア

rss
rss
2016-02-29

藤本尚道プロのその他のコンテンツ