マイベストプロ神戸
黒佐英世

堅実・着実な積立投資で資産形成に導くプロ

黒佐英世(くろさひでよ) / ファイナンシャルプランナー

ライフプランサポーターズ合同会社

コラム

積立て投資とコロナショック⑧ 今回は特に大事な点

2020年5月21日 公開 / 2020年5月27日更新

テーマ:積立投資をおすすめする理由

コラムカテゴリ:お金・保険

コラムキーワード: NISA貯蓄型保険投資信託

前回のつづきですが、
4つの問題のうち問題③についてです。
問題③
1回目の投資は、株価1000円、2回目は600円でしたが、3回目は1200円、
以降基本右肩上がりの株を、11回購入します。最後は最初の株価の2倍の
2000円で購入します。

毎回10万円分で、合計110万円投資し、最後に、2000円の株価ですべて売却します。
さていくらになったでしょう?

答えは、193万8492円 (+83万8492円)です。

この場合、第1回目の株価1000円で、110万円投資しておけば、結果220万円に
なっていました。積立て投資より一括投資の方が良かったわけです。

しかし、事前には、ずっと右肩上がりであがるかはわかりません、問題②のような場合
一括投資では、55万円と半分になっていたわけです。
積立て投資でも右肩上がりに上がってくれればこのようにきちんとプラスにはなります。

さて最後の問題④です。
問題④
最初に株価1000円で始めた投資が、2回目に「暴落」し150円となり、その後100円と50円
の株価を行ったり来たり、11回目に300円と少し上がりはじめたところで、それまで投資
した110万円分の株を、300円ですべて売るのですが、

結果、④の答えは、258万円(+148万円)となります。電卓で計算してみて下さい。
購入株のトータル数は8600株となります、それを1株300円で売るのです。

このようにリーマンショックの時など、実際に株価が暴落した時には、安く買えるチャン
スとなります。リーマンショックで株価が元に戻るまで6年かかりましたが、その前後か
ら積立て投資を10年以上されていた私のお客様の大多数は、年率10%くらいになってい
ました。
コロナショックの後、5月時点でもだいたい年率6%くらいにあります。

この1~2年で、積立て投資を株式中心に始めた方が多くおられます。今回のコロナショ
ックに不安を覚えている方もおられるでしょう。しかし、長期に積立て投資を始めた方には、
これはチャンスなのです。このことをまず知って、積立て投資を始めていただきたいのです。

この記事を書いたプロ

黒佐英世

堅実・着実な積立投資で資産形成に導くプロ

黒佐英世(ライフプランサポーターズ合同会社)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧

黒佐英世プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-2104-0637

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

黒佐英世

ライフプランサポーターズ合同会社

担当黒佐英世(くろさひでよ)

地図・アクセス

黒佐英世のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2020-05-31
facebook
Facebook

黒佐英世プロのコンテンツ