まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
松岡稔之

足と靴のトラブル解決のプロ

松岡稔之(まつおかとしゆき)

KOBE WALK

コラム

「ロコモティブシンドローム」、通称「ロコモ」。

美と健康

2013年5月17日

「ロコモティブシンドローム」、通称「ロコモ」。

 和訳すると「運動器症候群」。

 筋肉や関節、骨などの運動器の衰えによって、

 立ったり、階段を上がったり下りたりなど、

 日常生活の動作がスムーズにできなくなり、

 “要介護”のリスクが高まる状態のこと。

 40歳くらいからすでに始まっている。

 若い人でも姿勢の悪さが目立ち、

 「将来」が心配。

 姿勢の悪さは、筋肉の衰えや、

 運動器の機能低下が大きく関係しています。

 全国で4700万人もいるといわれているロコモ&予備軍。

 ロコモと姿勢の悪さは密接な関係があることから、

 私は、筋力アップしてカラダの土台をつくり、

 姿勢を整えることが「ロコモ対策」になることを

 提唱いたします。

 だから・・・

「無理なく、楽しく、継続できる」ウォーキングを通じて、

 こころとカラダの健康を維持・改善しましょう! 

『歩いて健康をキープ』

 歩くことで健康維持を目指す、高齢者向けのシューズ「ライフウォーカー」が

 アシックスから発売されました。

 アシックスがはじめての介護予防用品として、要介護予備軍から軽度の要介護者

 までを想定。

 足裏の内側と外側にかかる力のバランスをとり、足裏全体を使って安定して歩ける

 独自のソール。

 スポーツシューズで培ったノウハウを生かして、筋力が低下した高齢者が歩きやすい

 ように工夫されています。

 甲の部分が大きく開き、本人はもちろん、本人以外でも着脱が容易。

 積極的な外出を応援します。

 あしラボ プロフィッター:松岡 稔之

この記事を書いたプロ

松岡稔之

松岡稔之(まつおかとしゆき)

松岡稔之プロのその他のコンテンツ

Share

松岡稔之プロのその他のコンテンツ