まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
松岡稔之

足と靴のトラブル解決のプロ

松岡稔之(まつおかとしゆき)

KOBE WALK

コラム

神戸新聞社主催:マイベストプロひょうごの専門家無料セミナー終了しました。

あしラボ

2011年9月14日 / 2014年8月1日更新

テーマ
間違いだらけの靴選び「足と靴の悩みを解決する靴の話」正しい靴の選び方。



セミナーにご参加いただきましたみなさん、ありがとうございました。

何かお役には立てましたでしょうか!?

今回セミナーにご参加いただいた皆さんにお願いをしましたが、

私の話を聞いて、参考になったこと、共感できたことがあれば、
「周りの方々にも語り伝えてほしい」というお願いをさせていただきました。
ぜひ、ご協力をお願いします。

靴と足の相談を主体にした「神戸ウォーク」という店を始めて5年。
たくさんの「足」に接してきました。

「足」に関する悩みも千差万別。実に多様です。

「悩み」の原因の大きなウエイトを占めているのは、「足」や「靴」の
正しい情報を持っていないこと。

靴についての教育も、とりたててありません。

だから、足のトラブルを抱える人が増加しているんです。

もっと自分の身体に関心を。

知識を持つことで、健康は自分で守れるんです。


私自身、このセミナーに講師として参加させていただき、
「足と靴の相談者が、必要とされている。」と実感しました。



ミント神戸のセミナー終了後、個別相談のご予約を連日いただいております。

現在、各店舗でも少人数制の講座&相談会を開催しておりますが、

また、今回のような機会がございましたら、一人でも多くの方に、

足のトラブル解消術を伝授しに登場したいと思います。


まずは、足の健康チェックのすすめ

アーチの構造を支えているのは、靭帯や筋肉ですが、年齢とともに筋力が弱ったり、あるいは足に負担をかけた状態が長く続くと、アーチを支えきれなくなります。

普段仕事の関係上、ヒールの高いパンプスで歩かれている方は、足の前足部にある横アーチに負担がかかり、アーチも低くなりがちです。

足の裏の皮膚が硬くなったタコも、足の横アーチが低下した結果、その場所に負担がかかって出来たものです。

女性に多い外反母趾も、横アーチの低下がその原因の一つです。

どんな靴を買っても、歩くと同じ場所が痛いという場合は、靴を買う前に、足のアーチの状態もチェックして見ましょう。靴選びに失敗しないために、大切なことです。

今までご自身の足のプリントをご覧になられたことの無い方は、一度『神戸ウォーク』で、チェックしてみてください。

この記事を書いたプロ

松岡稔之

松岡稔之(まつおかとしゆき)

松岡稔之プロのその他のコンテンツ

Share

松岡稔之プロのその他のコンテンツ