まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
菊池英司

住宅購入・住宅ローンアドバイスのプロ

菊池英司(きくちえいじ)

BLPファイナンシャルプランナーズ事務所

コラム

自分の土地から遺跡が発見されるというリスク

住宅購入・住宅取得

2014年11月19日

うちの事務所の近所で発掘調査が行われていました。
マンション建設予定地だと思っていたので、着工したのかと思っておりました。
このあたりは、埋蔵文化財包蔵地だったようです。

埋蔵文化財包蔵地とは、土の中に集落跡や城跡など、遺跡が埋まっている可能性の高い土地です。
埋蔵文化財については、文化財保護法にて定められており、埋蔵文化財包蔵地では、土木工事を行うときなどに、事前に届出が必要になります。
届出後、教育委員会が必要と判断したら、発掘調査が行われることもあります。

調べてみたら、うちの事務所がある場所も、花隈城跡遺跡、中山手遺跡という埋蔵文化財包蔵地に該当していました。

埋蔵文化財包蔵地内の土地では、家を建てる場合であっても、発掘調査が必要になる場合があります。
個人の住宅では、深く掘ることがないので、発掘調査までは必要になることが無いとは思うのですが、最近では、個人住宅でも、かなり深く掘るケースが増えてきましたので、注意が必要です。

発掘調査費用は原則として建設をする側が負担しなければなりません。
ただし、個人が自ら住む住宅を建てる場合においては、補助金が出る場合があるようです。

また、発掘調査中は、当然、住宅を着工できません。
工期が大きく遅れることになり、お子さんの就学時期、新学期に合わせて建設を予定していた場合など、いろいろと影響があります。

土地を購入する場合には、不動産業者の重要事項説明で埋蔵文化財包蔵地かどうかの説明があります。
もし、該当する場合には、近所で発掘調査を行った例があるかどうか、不動産業者に調べてもらうとよいでしょう。

なお、埋蔵文化財包蔵地については、どこの自治体でも、インターネットで簡単に調査できます。
ご自分の所有地を調べてみるとよいかと思います。

□□□□□  セミナー・個別相談会のお知らせ  □□□□□

11月23日(日)に、神戸市の西神中央総合住宅公園センターハウスにて、相続に関する無料個別相談会と無料セミナーが開催されます。
私、菊池が講師、相談員を担当いたします。
詳しくは、セミナーのページをご覧ください!
http://mbp-kobe.com/kobe-fp/seminar/

この記事を書いたプロ

菊池英司

菊池英司(きくちえいじ)

菊池英司プロのその他のコンテンツ

Share

菊池英司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-332-0780

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池英司

BLPファイナンシャルプランナーズ事務所

担当菊池英司(きくちえいじ)

地図・アクセス

菊池英司プロのその他のコンテンツ