まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
菊池英司

住宅購入・住宅ローンアドバイスのプロ

菊池英司(きくちえいじ)

BLPファイナンシャルプランナーズ事務所

コラム

カーポートに固定資産税は課税されるのか?

住宅購入・住宅取得

2014年9月2日

先日、ご相談に来社されたお客様より、

『カーポートを設置するんですが、固定資産税はかかりますか?』
というご質問がありました。

カーポートのように外周を囲んでいないものは、固定資産税は課税されません。
しかし、三方を壁で囲んだガレージは固定資産税が課税されます。

これまでにも、カーポート、ガレージ、倉庫、物置などについて、同様の質問が何回かありました。

固定資産税の課税対象となる家屋の定義は、不動産登記法の建物と同じです。
家屋かどうかは不動産登記規則の基準により判断されます。

固定資産税の課税対象になるのは、以下の3つの条件を満たした場合ということになります。

1.基礎などで土地に定着している
2.屋根及び周壁又はこれに類するもの(外壁)で外気から遮断されている
3.居宅・事務所・店舗など、その目的とする用途に利用できる状態である

物置の場合、コンクリートブロックの上に置いてある場合には、固定資産税の課税対象にはなりません。
しかし、物置を、コンクリートを敷いた上に設置し、ボルトで固定してしまうと固定資産税が課税されます。
同じ物置でも、設置方法によって、固定資産税が課税される場合と、そうでない場合があるということです。

固定資産税を課税するかどうかは、各市町村により、判断が異なる場合があります。
特に、土地に定着しているかどうかの判断は、微妙な判断となる場合があるので、注意が必要です。

各市町村の固定資産税を担当する部署に行き、事前にヒアリングしておくと安心です。
多くの市町村において、担当部署名は、資産税課となっていることが多いかと思います。

この記事を書いたプロ

菊池英司

菊池英司(きくちえいじ)

菊池英司プロのその他のコンテンツ

Share

菊池英司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-332-0780

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池英司

BLPファイナンシャルプランナーズ事務所

担当菊池英司(きくちえいじ)

地図・アクセス

菊池英司プロのその他のコンテンツ