まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
菊池英司

住宅購入・住宅ローンアドバイスのプロ

菊池英司(きくちえいじ)

BLPファイナンシャルプランナーズ事務所

コラム

不動産広告の内容を鵜呑みにしない

住宅購入・住宅取得

2014年8月13日

これから住まいを探す方にとって、重要な情報源になるのは、インターネットの不動産広告や折り込みチラシになるかと思います。

そこには、駅から徒歩10分で便利だとか、徒歩5分のところにスーパーがあるとか、交通アクセスのほか、その物件の周辺の利便施設が記載されているはずです。
その情報は住まいを探している方にとっては、とっても重要な情報です。

しかし、不動産広告をそのまま鵜呑みにしてはいけません。
営業担当者に聞いた情報を鵜呑みにするのもだめです。

駅が遠くても、
「駅は徒歩15分ほどかかりますが、それほど苦になりませんよ」
「私が歩いたら10分ほどでしたよ」
なんて、軽く流します。
「駅が遠いから、歩くのが苦になるなら止めた方がいいですよ」
なんて言ってくれません。

営業担当者は不動産を売ることが仕事です。
悪い要素は、聞かれない限りは話してくれないですし、聞かれても必要以上には話してくれません。

不動産広告に記載されている所要時間は、80mを1分で計算します。
距離から時間を計算しているだけで、実際に歩いてみた時間ではありません。

歩いてみると、想像以上に時間がかかることも多いのです。
途中に踏み切りがあるかもしれませんし、大通りの信号待ちが長いかもしれません。
また、道は平坦とは限りません。
坂道になっている場合もあります。
毎日の通勤できつい坂を上るのは大きなストレスです。

不動産購入の基本は、現地を自分で確認することです。
不動産広告の情報が正しいのか、自分の目と足で確認しましょう。

この記事を書いたプロ

菊池英司

菊池英司(きくちえいじ)

菊池英司プロのその他のコンテンツ

Share

菊池英司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-332-0780

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池英司

BLPファイナンシャルプランナーズ事務所

担当菊池英司(きくちえいじ)

地図・アクセス

菊池英司プロのその他のコンテンツ