まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
小林敬司

日本百名山の魅力を知り尽した山のプロ

小林敬司(こばやしけいじ)

有限会社ケイランド

お電話での
お問い合わせ
078-855-2667

コラム

開聞岳・霧島山登山 その2

2018年2月16日

鹿児島遠征二日目

霧島山(韓国岳)の天気予報「晴れ」だが午前中は風速17m以上の暴風・午後から風速10m以下に落ち着くとのこと
昼過ぎに頂上に到着するつもりで指宿温泉をゆっくりと出発
鹿児島から鹿児島空港まで高速を走り、そこからえびの高原まで下道です。
鹿児島空港から雪を被った霧島の山々が日光に輝いて見える
えびの高原駐車場には11時に到着
霧島連山最高穂の韓国岳の登山口付近は火山性ガスのため立ち入り禁止
火山ガス注意書

えびの高原からの迂回登山道を利用しての登山となります。
チェーンスパイクを装備して登山開始
韓国岳えびの高原登山口

最初は雪の松林の緩やかな斜面を稜線へ向けて登ります
「頂上の風がキツイ」とすれ違うハイカーが口を揃えて云う。
昼からは風が緩むと信じて遅めに出発したが、さてどうなるコトか?

登山道途中から急遽作られた登山道を進む
登山道火山ガス注意書き

稜線へ出ると本来の登山道と合流
頂上へ向けて一気に勾配もきつくなります。

雪を被ったミヤマキリシマ林を黙々と登ります
後ろを振り返ると「えびの高原」が美しい
えびの高原

本来ならガレて少々歩きにくい韓国岳登山道だが、今回は積雪がそれらを覆ってくれ比較的歩きやすい
五合目を越すと右手に遠方に桜島が見えてくる
韓国岳五合目
よくよく目を凝らすと桜島の左手に昨日登った開聞岳もかすかに見える
ここでお昼になったので、風に当たらない場所でパンを食べて昼食休憩

八合目を越すとカルデラ湖の大浪池が目の高さに姿を現す
コレから先、風が強くなることもあるので、耐風装備を整える
九合目を越すと韓国岳火口壁に出る
大浪池が眼下に広がってくる。大浪池の湖面が凍結しているのもハッキリと判る
大浪池

火口壁に出て風がキツクなるものの風速5mを越えることはなく、天気予報が的中

12時30分 霧島山最高峰 雪の「韓国岳」1700m登頂!
韓国岳頂上

韓国岳頂上からさらに奥には、噴火して一躍有名になった「新燃岳」さらにその奥に「高千穂」峰が見える
まさに釜のような「新燃岳」の火口からは蒸気が噴出
雪景色と相まってとても幻想的な風景が展開
新燃岳・高千野穂の峰

下山時は、登ってきた道をそのまま下山
終始快晴のとてもキモチの良い登山となりました。

飛行機に乗るまでに余った時間を利用して霧島神宮を参拝
さらに築百年以上の駅舎で有名な嘉例川駅を見学後、鹿児島空港からスカイマークにて帰神しました。

この記事を書いたプロ

小林敬司

小林敬司(こばやしけいじ)

小林敬司プロのその他のコンテンツ

Share

小林敬司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-855-2667

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小林敬司

有限会社ケイランド

担当小林敬司(こばやしけいじ)

地図・アクセス

小林敬司プロのその他のコンテンツ