まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
小林敬司

日本百名山の魅力を知り尽した山のプロ

小林敬司(こばやしけいじ)

有限会社ケイランド

お電話での
お問い合わせ
078-855-2667

コラム

イノシシ対策

2017年12月19日

ご近所で大捕り物がありました。
暗くなってからイノシシが街を闊歩しているのは日常茶飯事なのですが、昼間に人通りの多い岡本商店街にイノシシが出てくるのは珍しいコトです

六甲山の芦屋ロックガーデンや岡本の保久良神社から風吹き岩・横池へ登ると高確率でイノシシに遭遇します
地元の人にとってイノシシは身近な動物です。
小学生低学年の時は怖いもの知らずでイノシシを何度も触ったこともありますし、小学6年生の時、保久良梅林で子供たち男女6人くらいでお弁当を食べていたらイノシシにお弁当を強奪されたコトもあります。
ボーイスカウトで子供たちが集団で歩いているさなか、イノシシが引率のリーダーのリュックを後ろから襲ったこともあります
(リーダーは目の前にイノシシが居ても当たり前すぎて思いっきりスキがありました)
夜のウォーキング時に岡本の街なかで、数回イノシシに襲われた人を助けたコトがあります。警察官が手を付けられてなくて呆然としているところでも…

さてこのイノシシですが、誰でも襲う訳では無く、キチンと相手を見定めて襲ってきます
相手がヴィン・ディーゼルのような大男でもスキが有れば襲ってきますし、小学生でもスキがなければ襲ってきません

兆発さえしなければ、餌を持っていなさそうな人は襲いません
イノシシが餌を持っていると認識するのは下記の通りです
・お弁当を広げている
・ビニール袋を持っている
・手提げカバンを持っている
・リュックサックを担いでいる人(後ろから馬乗りになって襲ってきます)
特にビニール袋は要注意で、ビニール袋のカサカサ音に引きつけられてやってきます


襲えるモンなら襲って来い!!
という気迫でイノシシに対応すると襲ってきません…が一般的では無いでしょう。

イノシシに出くわしそうな場所では、ビニール袋・手提げ袋はザックに入れて行動し、もし出くわしてしまったら、目を合わさず背中を見せずにその場を離れましょう
腰が引けている人をキチンと見定めています
逃げ腰にならないように意識してください

六甲山の登山道でイノシシが普通に道草を食っている場合がよくあります。
これらのイノシシは上記の事を守っていれば何事もないように普通に横を通らせくれます
ただやはり初めてイノシシを見る方や女性はそんな訳にはゆかないのでしょう

イノシシに襲われそうになったら
イノシシに襲われそうになったら、威嚇するのが手っ取り早いのですが、その最大のツールはストック(棒)です
目が横にイノシシは長尺モノを認識するのが苦手です
長い棒を振り回すと、逃げてゆきます
棒等が無い場合は、脚を踏み鳴らして大声を出して威嚇してください
イノシシも人がとても怖いです。それを認識した上で落ち着いて対応してください

…でもやっぱり怖いですね
私のお客様でもこれだけ説明してもやはり襲われた方がいました。

六甲登山でどうしてもイノシシが不安な方はケイランドまでご用命ください
用心棒をお付けします(汗)

この記事を書いたプロ

小林敬司

小林敬司(こばやしけいじ)

小林敬司プロのその他のコンテンツ

Share

小林敬司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-855-2667

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小林敬司

有限会社ケイランド

担当小林敬司(こばやしけいじ)

地図・アクセス

小林敬司プロのその他のコンテンツ