まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
松原一彦

漢方薬のプロ

松原一彦(まつばらかずひこ)

漢方薬局けんこう屋

お電話での
お問い合わせ
078-371-4193

松原一彦プロのコラム一覧:知って得する漢方の豆知識

知って得する漢方の豆知識 第4章 ~糖尿病 ⑤~糖尿病の初期の頃には自覚症状はありません。高血糖状態が続くと、毛細血管の流れがだんだん悪くなり最終的には合併症(神経障害・網膜症・腎症)を発症することになります。全身に栄養や酸素を運ぶ重要な役割をするのが血管ですがその伸縮...

知って得する漢方の豆知識 第4章 ~糖尿病 ④~漢方薬では西洋薬ほど効果的に血糖値を下げる効果のあるものはありません。しかし糖尿病の初期症状や合併症など、糖尿病に伴うさまざまな症状を改善するのに効果的です。また、漢方薬の中には、インスリンの作用(インスリン感受性)を回復さ...

知って得する漢方の豆知識 第4章 ~糖尿病 ③~糖尿病はインシュリンを正しく分泌・機能させることで罹患しない病気と言えるようです。何らかの原因でインシュリンを分泌する機能が失われ糖尿病になる症例もありますが、日本人の糖尿病患者の95%が生活習慣に原因を持っていると言われてい...

知って得する漢方の豆知識 第4章 ~糖尿病 ②~人間の体は、食事から摂取したブトウ糖やアミノ酸が体に吸収されると、すい臓からインシュリンとよばれるホルモンが分泌されます。血中のブドウ糖は筋肉組織などへ取り込まれ、血液中の糖分が一定以上に上昇しない仕組みになっています。...

知って得する漢方の豆知識 第4章 ~糖尿病 ①~昨日は近畿地方で春一番も吹き、今日は春らしい一日でした。これから寒暖を繰り返しながら、徐々に暖かくなって行くでしょう。今日から糖尿病のお話です。失明や脳梗塞、心筋梗塞の原因となる恐ろしい病気、糖尿病。わが国では、約700万人...

知って得する漢方の豆知識 第2章 ~便秘 ③~生活習慣を改善しながら漢方薬を服用してもらう時、便秘以外の症状がなく弛緩性便秘の場合は、大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)を中心に使用します。過敏性腸症候群で便秘と下痢を繰り返す方で、主に便秘の場合、桂枝加芍薬湯(けいしかしゃく...

知って得する漢方の豆知識 第2章 ~便秘 ②~前回、便秘は生活習慣の改善が大切とお伝えしました。生活習慣とは、食生活、運動、ストレスコントロールです。そして、もう1つ大切なことは排便時間を決める事でしたね。今回は、食生活、運動、ストレスの影響についてお話します。便には...

知って得する漢方の豆知識 第2章 ~便秘 ①~女性で便秘薬を常用し、悩んでいる方は多いと思います。一週間や十日間ぐらい出ないのは、当り前の人もいます。肉食中心の食事や社会生活のストレスによって、便秘の方も増えています。便秘を解消する事は、健康づくりの基本。口から食物が...

知って得する漢方の豆知識 第1章 ~冷え性 ③~ストレス冷えは自律神経の乱れによって血流がわるくなり長引く事をお話しました。漢方では、肝気鬱結(かんきうっけつ)による冷えには、四逆散(しぎゃくさん)という処方をベースに治療します。月経周期が乱れがち、うつ傾向のある人、下...

知って得する漢方の豆知識 第1章 ~冷え性 ②~現代社会では、ストレス冷えが非常に多いです。若い女性や中年男性にもこの冷えは、よく起こります。ストレス冷えの特徴は、1.手足が異常に冷えて、手のひらや足の裏に汗をかいて いつも湿っている。2.月経痛がひどく、周期が不順。3....

知って得する漢方の豆知識 第1章 ~冷え性 ①~寒い毎日が続いています。こんな寒さが続くと、冷え性の女性はとても辛い季節と思います。冷え性といいましても、手足の冷えから、頭痛やめまい、動悸や腹痛など色々な症状を伴います。漢方では、末梢を流れる血液の流れが悪くなることが、...

松原一彦プロのその他のコンテンツ

Share

松原一彦プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-371-4193

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松原一彦

漢方薬局けんこう屋

担当松原一彦(まつばらかずひこ)

地図・アクセス

松原一彦のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-08-10
google-plus
Google+

松原一彦のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-08-10
google-plus
Google+

松原一彦プロのその他のコンテンツ