まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
松原一彦

漢方薬のプロ

松原一彦(まつばらかずひこ)

漢方薬局けんこう屋

お電話での
お問い合わせ
078-371-4193

コラム

5月の体調不良の乗り切り方

けんこう通信

2018年5月12日 / 2018年9月19日更新

体調不良

毎年、5月になると体調を崩す方がおられます。
5月病は一時的に済む場合もありますが、その状態が長く続き、
登校拒否や出社拒否などになる場合もあります。
春は体の自律神経系が交感神経緊張状態から、副交感神経緊張状態への
急激な変化が起こります。自律神経系の乱れは、ホルモン系や免疫系の
バランスも乱れ、白血球の中の顆粒球の数が減り、リンパ球の数か増えやすくなります。

その結果、春は花粉症・アトピー・喘息などのアレルギー疾患になりやすくなります。
他の症状としては、落ち込んで何もやりたくない、根気が続かない、イライラする、
不安や焦りを感じるなどがあります。
また精神的な不調が体にもあらわれ、風邪が治りにくい、腹痛、不眠、食欲不振、
倦怠感、頭痛、めまい、冷や汗、動悸、便秘などの症状が出ることもあります。

もう一つの原因は、ストレスと体の疲れがピークになったことが原因と考えられています。
大学生になって初めて一人暮らしをしたり、社会人になって時間に追われる生活、
転勤・異動などの環境の変化に加え、4月~5月は歓迎会などの行事で、緊張の
連続で体力を消耗します。何よりもストレスとなるのは神経を使う、新しい人間関係と
思います。「疲れたな」と感じたら、無理に頑張ろうとせずに休みましょう。

自分の好きな事をして、のんびりとくつろいだり、ホッとできる時間を持ち、「自分らしさ」を
取り戻しましょう。家族や友人に悩みを聞いてもらうのも悪い事ではありません。
会話の中で、自分の悩みが整理でき、前向きに取り組めるようになります。

~~私が薦める、疲れた時のリフレッシュ法~~
大好きな癒される音楽を聞きながら、普段より睡眠を多くとります。よく眠ることで、
精神的な疲労回復は早いと思います。7~8時間程度の睡眠時間をしっかり確保し、
日中は太陽の光を浴びましょう。食事の量を減らし胃腸や肝臓を休めます。
ストレスで早食い・飲み過ぎ・食べ過ぎのケースも多いので胃腸を休め、
休肝日にする事が大切です。
お酒はストレス発散になりますが、疲労が溜まっている時は逆効果です。
そして、温度低くめのお風呂にゆっくりと入ります。
寝室は、森の香りなどのアロマを使う事も良いでしょう。ちょっと元気が出たら、
近くの山や公園へウォーキング。森林浴は、ストレス疲労にとても良いと思います。
5月病にならないように、リフレッシュして日々のストレス疲れを取りましょう!!

*******************************************
神戸市中央区で漢方薬の相談薬局。

がん、アトピー、子宮内膜症、自己免疫疾患、リウマチなど

食養生も大切にしている『漢方薬局けんこう屋』にお問い合わせ下さい。

http://www.e-kenkouya.com/

【天寿を生き、心身ともに健やかな人生をあなたに・・・】

********************************************

この記事を書いたプロ

松原一彦

松原一彦(まつばらかずひこ)

松原一彦プロのその他のコンテンツ

Share

松原一彦プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-371-4193

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松原一彦

漢方薬局けんこう屋

担当松原一彦(まつばらかずひこ)

地図・アクセス

松原一彦のソーシャルメディア

google-plus
Google+

松原一彦のソーシャルメディア

google-plus
Google+

松原一彦プロのその他のコンテンツ