マイベストプロ神戸
松原一彦

漢方薬のプロ

松原一彦(まつばらかずひこ)

漢方薬局けんこう屋

お電話での
お問い合わせ
078-371-4193

コラム

春はアレルギーに注意 ! ! ②

2015年4月6日 公開 / 2019年5月1日更新

テーマ:けんこう通信

アレルギー②

今年も綺麗な桜が満開になりましたが、花散らしの雨となりお花見には傘が必要になり
ました。これからは、桜のじゅうたんや花吹雪を楽しみたいものです。
前回アレルギーのお話をしましたが、今回はアレルギーの養生編をお送りします。

①生活環境と生活態度
これは、よく御存知の事とおもいますが、ホコリや花粉を室内へ持ち込まない。部屋の
換気や温度調節に留意する。日当たり良くして、カビや湿気を防ぐことが大切です。
過労や感冒は、抵抗力を弱めます。十分な睡眠と栄養を取ることが重要です。

②冷えは大敵
冷えは血液循環を悪くして、色々な症状を引き起こします。鼻アレルギーの症状を悪化
させたり、抗原接触なしでも冷えによるアレルギーを引き起こします。
「頭寒足熱 づかんそくねつ」といわれるように、上半身を涼しく、下半身を温かくする
ことは体の冷え予防につながります。春は薄着になって、下半身を冷やしている方が多いです。
家庭ではシャワーでなく、入浴剤を利用してお風呂に入って体の芯から温めて寝る事も
大切です。

③水毒を悪化させる食べ物を控える。
水分を取り過ぎたり、体を冷やすものを多く食べるとむくみ、水毒体質になります。
ビールや清涼飲料水、果物類も取り過ぎないようにして下さい。
お酒は、炎症のある時は厳禁です。必ず悪化しますのでご注意ください。
反対に根菜類は温める働きがあります。特に、煮物にして沢山召し上がってください。

春は、気温や気圧の変動で体調を崩しやすい季節。日頃の生活と食事を見直し、
気持ち良い季節を健康に過ごしたいですね。

ご参考コラム
増え続ける花粉症
風邪をひかないために
*******************************************
神戸市中央区で漢方薬の相談薬局。
がん、アトピー、子宮内膜症、自己免疫疾患、リウマチなど

食養生も大切にしている
『漢方薬局けんこう屋』にお問い合わせ下さい。
http://www.e-kenkouya.com/
【天寿を生き、心身ともに健やかな人生をあなたに・・・】
********************************************

この記事を書いたプロ

松原一彦

漢方薬のプロ

松原一彦(漢方薬局けんこう屋)

Share
関連するコラム

松原一彦プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-371-4193

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松原一彦

漢方薬局けんこう屋

担当松原一彦(まつばらかずひこ)

地図・アクセス

松原一彦のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2019-05-01

松原一彦プロのコンテンツ