まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
松原一彦

漢方薬のプロ

松原一彦(まつばらかずひこ)

漢方薬局けんこう屋

お電話での
お問い合わせ
078-371-4193

コラム

腸は健康のかなめ ③

免疫 腸

2010年10月12日 / 2014年8月1日更新

腸管免疫の活性化3
腸内を若く保つにはどうすればよいのでしょうか?

まず、しっかりと毎日の自分の便を観察する事です。
便は「おなかの便り」ですから、現在の腸内環境を知ることができます。

腸の老化には、ストレスや運動不足なども影響しますが一番影響するのは
食生活です。

腸内細菌たちは食物が消化吸収された後の残りカスを食べて増殖します。
そして、様々な物質を産生しています。

私達が、何を食べているかによって腸内の環境も大きく変わるのです。

乳酸菌、ビフィズス菌という善玉菌と大腸菌、ウェルシュ菌、クロストリジウムなどの
悪玉菌は、腸内という限られた空間の中で常に勢力争いをしています。

乳酸菌、ビフィズス菌は、食物繊維やオリゴ糖を分解して、乳酸や酢酸などの酸を
産生します。
これらは、腸内のpHを酸性に傾けます。腸内に善玉菌が多いと便が酸っぱいような
ニオイがするのは、腸内で酸がたくさん作られているからです。

母乳で育てている赤ちゃんの便はとても綺麗な黄色の便で、酸っぱいニオイがします。
これは乳酸菌、ビフィズス菌が多い腸内環境だからです。

それに対して、悪玉菌が増えると腸内はアルカリ性に傾きます。

悪玉菌は酸性の環境を嫌い、アルカリ性の時に活発になり
ニオイも臭く、色も黒っぽくなります。

だから、腸内を酸性に保ち、善玉菌が暮らしやすい環境を作ることが大切。

最近の若いお母さん方は、子供さんの便を見ていない方も多いです。
子供の健康状態を知る上でどんな便を出しているのか、たまにはチェックしてあげることも
大切な事と思います。


■□■□■マイベストプロ神戸■□■□■

漢方薬のプロ 松原一彦の取材記事はこちら
『病を治すのは、自身の生活を治すこと』
http://pro.mbp-kobe.com/kenkouya/

*******************************************
神戸市中央区で漢方薬の相談薬局。
がん、アトピー、子宮内膜症、自己免疫疾患、リウマチなど

食養生も大切にしている
『漢方薬局けんこう屋』にお問い合わせ下さい。
http://www.e-kenkouya.com/
【天寿を生き、心身ともに健やかな人生をあなたに・・・】
********************************************

この記事を書いたプロ

松原一彦

松原一彦(まつばらかずひこ)

松原一彦プロのその他のコンテンツ

Share

松原一彦プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-371-4193

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松原一彦

漢方薬局けんこう屋

担当松原一彦(まつばらかずひこ)

地図・アクセス

松原一彦のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-08-10
google-plus
Google+

松原一彦のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-08-10
google-plus
Google+

松原一彦プロのその他のコンテンツ