まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
松原一彦

漢方薬のプロ

松原一彦(まつばらかずひこ)

漢方薬局けんこう屋

お電話での
お問い合わせ
078-371-4193

コラム

知って得する漢方の豆知識 第2章 ~便秘③~

知って得する漢方の豆知識

2010年1月26日 / 2013年5月18日更新


知って得する漢方の豆知識 第2章 ~便秘 ③~

生活習慣を改善しながら漢方薬を服用してもらう時、
便秘以外の症状がなく弛緩性便秘の場合は、
大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)を中心に使用します。

過敏性腸症候群で便秘と下痢を繰り返す方で、主に便秘の
場合、桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)などを使用します。
また、この病気で下痢の方が辛い方は甘草瀉心湯(かんぞうしゃしんとう)
などを使用することもあります。

下痢と便秘の繰り返しは一見異なる病態のようですが、実は
表裏一体のもの。

どちらも体の冷えによって消化管に流れ込む血液が少なくなって
働きが落ちるために起こることもあります。

冷えて腹部膨満感の強い方は、大建中湯(だいけんちゅうとう)なども
良いでしょう。

高齢者の便秘は、加齢に伴って便秘になりやすいです。
腸管の水分が減ってくるためです。
麻子仁丸(ましにんがん)などは、便の水分を増やし軟らかくしてくれます。

便秘といっても、人それぞれ。病態の違いがあります。
大腸内視鏡検査を受ける事も大切な事ですね。

安易に、下剤を連用することはやめましょう。



*******************************************
神戸市中央区で漢方薬の相談薬局。
アトピー、子宮内膜症、自己免疫疾患、リウマチなど

食養生も大切にしている
『漢方薬局けんこう屋』にお問い合わせ下さい。
http://www.e-kenkouya.com/
【天寿を生き、心身ともに健やかな人生をあなたに・・・】
********************************************

この記事を書いたプロ

松原一彦

松原一彦(まつばらかずひこ)

松原一彦プロのその他のコンテンツ

Share

松原一彦プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-371-4193

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松原一彦

漢方薬局けんこう屋

担当松原一彦(まつばらかずひこ)

地図・アクセス

松原一彦のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-10-14
google-plus
Google+

松原一彦のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-10-14
google-plus
Google+

松原一彦プロのその他のコンテンツ