まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
苅谷昌浩

恋愛テクニックを教える婚活のプロ

苅谷昌浩(かりやまさひろ)

株式会社けっこんものがたり

お電話での
お問い合わせ
0794-31-3120

コラム

もしも結婚相談所を経営している私が婚活をするならば・・・・

結婚したい方へのアドバイス

2018年5月28日 / 2018年5月30日更新

もしも結婚相談所を経営している私が婚活をするならば・・・・


結婚相談所というのは、独身の男女の互いの意見や、要望、グチ、不満など様々なご相談を頂きます。
でも、女性の気持ち、考え方、心を知れば簡単に結婚できます。
この経験を活かして、『もしも私が婚活をするならば・・・・』
をテーマにどの様な活動をすれば結婚に近づけるかを考えてみましたのでご参考になさってくださいね。
ほんの一例です。



47才、バツイチ、子供なし。
高卒、年収430万、
身長168cm体重75kg、
A型、
兵庫県加古川市在住、自営業。
職場は高砂市神爪1丁目 JR宝殿駅前。
土日は祝日はまず休みはありません・・・。

と言った感じでしょうか。


条件的には良くもなく、むしろバツが付いているし、高卒。
自営業で土日祝日の休みはなく大変だろうけど年収は・・・・。
とプロフィールではなかなか女性からのお申し込みは望めないかもしれませんね。
そこで、やらなければならないことは、
まず

「お見合いを成立」させること。


そうです、女性から見て
『へぇ~、この人ならちょっとぐらい会うだけ会ってもいいかな?なんだか面白そう♪』
と思って頂けるプロフィールを作成する事です。
プロフィールの内容を充実させることによって女性の方々に興味を持って頂く内容のものを作らなければいけませんね。

これはプロフィールづくりには定評のある結婚物語。に、入会してしっかりとしたプロフィールを仕上げて頂きましょう。
結婚物語。は過去に他社の相談所で年に1~2回位しかお見合い出来なかった方が
月に2回以上お見合いが組めて1年以内に結婚去れた方々も多数いらっしゃる相談所です。

プロフィール作成でやらなければいけないこと。

写真撮影です。
スナップ写真でも構いません。
フォトスタジオなら尚更、申し分ありません。
第一印象が大切ですから、
サイズの合ったスーツにセンス良いシャツとネクタイで笑顔の写真で望みたいですね。
少し動き取り入れた写真なら尚更OK!

そして、自己PR。

バツイチ47歳、自営業の何を女性は知りたいのか?を考えて書きましょう。
あなたの場合、女性は「あなたの何が知りたい」とお考えですか???
少し考えてみてください。
自己PRやプロフィール作りを相談所の方に手伝ってもらうことは良いと思いますが、相談所任せではNGです。
女性に『まあ、会うぐらいなら・・・・』と思ってもらえるように
明るく前向きで「私という男性」をプロフィールからイメージ出来るようなものに
仕上がれば良いのではないでしょうか。

後は、お申し込みを待ちながらどんどんと自分かお申し込みをします。
一気にバーン!と50人とかではなく、毎日2~3人ぐらいをコツコツと。
私の場合、そんなにたくさんお申し込みをして頂ける条件ではないので
もし、お申し込み頂きましたら1000%お会いさせて頂きます。
私など
毎日コツコツと2~3人ずつお申し込みしてもほぼお断りされるはずです。
もちろん嬉しいわけはありません。
悲しいし、凹みます。
でも諦めずに毎日腐ることなくコツコツ申し込みます。
1ヶ月に100人近く申し込んだら1人位はOKくださるかな?
そのレベルです。
でも、私はそのOKしてくれた方に最高の笑顔でお見合いに望みたいと思います。

よく、お断りが多い。
お見合いがなかなか成立しない。
という声を聞きます。

でも仕方ないです。
それが私の実力かもしれません。
でも、お見合い出来る人と、結婚出来る人は違います。
という考え方もあります。

私なら、
会ってくださる女性の方を好きになれるように努力したお見合いをして
そして必ず交際希望で連絡します。

よく1回のお見合いや、少しの交際で「気が合わない、価値観が違う」という声も聞きます。
拘りが強く多い人ほど難しい問題ですね。
世の中、気や価値観が合わない人だらけですよ。

それをいかにお互いに譲り合ってルール化していくか?が大切な事だと思います。
会ってその人を好きになれるように努力してから自分の心に問いかける方法で話を進めるのが良いと思います。
なんか少し宗教チックな話になりましたが、
1回や2回で結論を出すのが早すぎる人は、人に合わせる努力が足りないと思います。
自分になにもかもピッタリの人と出会えるのは宝くじよりも難しい夢物語です。

それよりも現実的に、しっかりと何でも話し合い乗り越えていけるパートナー探しの方が断然、近道で現実的です。
私なら、お見合い出来たらどんな方でも交際希望です。
人間には言葉で気持ちや考えを伝えることが出来ます。
もっともっと色々な話をしたいです。
そして、たくさんデートしたいです。
仕事が休みの日。
週休2日だから1日は昼からデートして、もう1日は家でゆっくりして・・・・などしません。
仕事終わりにご飯どうですか?
休みは毎回私と会って欲しい、デートして欲しいという気持ちを伝えたい!

もちろん、お相手さまとの空気を読みながら・・・・ですがね。
同じ婚活するなら青春してください。
きっとそのドラマの主人公になれた時、あなたの結婚が決まるときだと思います。



まずは無料相談から

婚活を始める前の方も、婚活を実際に始めている方も
一度無料相談をお試しください。
ネット予約はこちら
婚活サポート

この記事を書いたプロ

苅谷昌浩

苅谷昌浩(かりやまさひろ)

苅谷昌浩プロのその他のコンテンツ

Share