マイベストプロ神戸
河口千弥

世界各国で潜ったダイビングインストラクターのプロ

河口千弥(かわぐちちや)

株式会社カナウ

コラム

後で後悔しないスキューバダイビングスクールの選び方

「ダイビングを始めよう」と思ったとき、まず考えるのは「ライセンスの取得はどこでしよう」ということではないでしょうか。

ライセンスの取得には時間と費用がかかるので、失敗したくないですよね。自分に合ったスクールの選び方を見ていきましょう。

ダイビングショップとダイビングスクールの違い

「ダイビングショップとダイビングスクールがあるけれど、何がどう違うのでしょう?」と聞かれることがあります。

ダイビングショップとダイビングスクールの役割はほぼ同じと考えてください。どちらもダイビングのプロが運営しており、呼び方が違うだけと思って問題ありません。

ダイビングショップやダイビングスクールは、体験ダイビングからライセンス取得コース、ライセン国内・海外でのダイビングツアー、ダイビングスキル講座などを開催しています。

強いて言うならダイビングショップは、ダイビングツアーの開催や器材の販売に力を入れている場合があり、ダイビングスクールはライセンス取得やスキルアップに力を入れているという印象です。

費用・期間よりもしっかりと知識・技術を得られるかが重要

ダイビングショップやダイビングスクールを探している時に「少しでも安く、早くライセンスを取得したい」と考える人も多いかと思いますが、ダイビングに必要な知識とスキルを本当に身につけられるのかを重視して選ぶことが大切です。

どれだけ講習の内容が充実しているか、予定の時間内の練習で不安がある場合は追加練習や補修は可能かどうか、その場合に追加料金は必要かどうかを確認しておきましょう。

特に、泳ぎに自信がない人や体力に不安を感じている人は、水中の練習であるプール実習に時間をかけてしっかりとスキルを身につけることをおすすめします。

実際の海に潜る海洋実習で少しでも不安があると、急なトラブルに対応できずパニックになって、せっかくの海の中を楽しめないばかりか、海に恐怖心を抱いてしまうかもしれません。

時間や費用がかかったとしても、知識や技術をきちんと身につけられるかどうかは、今後のダイビングに左右します。リスクを回避するためにも、じっくりとダイビングショップやダイビングスクールを検討しましょう。

アフターフォローがあるかないかを要チェック

ライセンスを取得したら、ダイバーとしてデビューですが、ライセンスを取得したばかりの頃は、どこでどうやって楽しめばいいか戸惑いますよね。

ダイビングショップやダイビングスクールでは、さまざまな海へのツアーを開催しているので、行ってみたい海のツアーにぜひ参加してみてください。ダイビングツアーを豊富に行っているところを選ぶと、幅広いダイビングライフを楽しめると思います。

さまざまなスタイルでダイビングを楽しめるように、ステップアッププログラムが充実しているかどうかもチェックポイントです。

ダイビングショップやダイビングスクールの実績を確認する

スキューバダイビングは水中の別世界を体験できる一方で、リスクもあります。そのため、技術や知識を教えてくれるインストラクターの存在も欠かせません。インストラクターの指導経験や実績をチェックすることが大切です。在籍するインストラクターがインストラクターとしてのステータスを持ち、保険に加入しているかどうかなども確認するといいですよ。

ダイビングショップやダイビングスクールのホームページなら、運営の歴史やインストラクターの経験やコメントをアップしていることも多いですし、指導団体によって加盟店のランクを表示している場合もあります。

さらに、信頼できる存在かどうかを判断するなら、実際に訪れて話してみることをおすすめします。直接電話したり、訪れたりすることで、お店の対応や雰囲気を確かめられるからです。

スタッフやインストラクターの話し方や対応、みだしなみや清潔感など、会うことで相性や信頼できるか人かどうかを、感じ取れることもあるのではないでしょうか。

それに、どれだけ多くのお客さまがお店にいるかもチェックポイントです。お客さまのことを考えて丁寧に対応してくれるショップやスクールなら、たくさんの人でにぎわっているはずです。もし、訪れた日にお客さまが少なかったとしても、和やかで楽しい雰囲気が伝わってきます。

可能であれば、お店にいるお客さまにどれくらいツアーに参加したか、どんな風にダイビングライフを楽しんでいるかを聞いてみてもいいでしょう。そのショップやスクールでライセンス取得後のイメージが膨らみます。

ショップやスクールによって年配の人が多くて落ち着いた雰囲気だったり、若い人が多くて元気で明るい雰囲気だったりと、客層によって雰囲気が違います。

自分と違う年齢層だったとしても、気が合うかもしれませんし、世代を超えた仲間は新鮮で楽しいものなので、自分にとって居心地がよいと感じたショップやスクールを選んでください。

ダイビングを続ける中で、長い付き合いになるショップやスクールだからこそ、自分に合う所を見つけてくださいね。

この記事を書いたプロ

河口千弥

世界各国で潜ったダイビングインストラクターのプロ

河口千弥(株式会社カナウ)

Share
関連するコラム

河口千弥プロのコンテンツ